自動車保険比較ランキング
安い
自動車保険
投票総合
ランキング
通販型
ランキング
代理店型
ランキング
見積サイト
ランキング

トップページ > 運転者年齢条件特約は?


自動車保険の運転者年齢条件特約は?


総投票数:177
35歳未満不担保83 (46.8%)
年齢を問わず担保40 (22.5%)
26歳未満不担保24 (13.5%)
30歳未満不担保16 (9%)
21歳未満不担保11 (6.2%)
保険未加入3 (1.6%)





年齢を問わず担保 21歳未満不担保
26歳未満不担保 30歳未満不担保
35歳未満不担保 保険未加入

ハンドル名:
コメント:



掲載コメント

21歳未満不担保
自動車保険の運転者年齢条件特約を付けています。
現在、車を3台所有しており、車ごとに年齢条件を付けています。
子供や両親など年を重ねていくに伴い免許を取得したり、返納したり車を使用する人間や頻度も変わってきます。
こうした状況に合わせて車ごとに年齢条件を使い分けています。
これにより保険料は大幅に安くすることができます。
自分が使用する車は35歳未満不担保、子供も使用する車は年齢に対応して付けており、現在は21歳未満不担保を付けています。
各損保会社の保険料を調べる際に年齢条件の設定を変更するだけで万単位で保険料の見積り金額が変動するのを見ると、これからも契約更新ごとに年齢条件を勘案しながら作業をすることになりそうです。
35歳未満不担保
今回、自動車保険の更新の時点で35歳をすぎていたので35歳未満不担保に変更しました。
去年結婚しましたが、相手は私より年上の人。
実家の家族も運転することがないので家族限定も解除しました。
今の時点で私より年下の人が運転することがなくなったので年齢を引き上げました。
おかげで保険料も少し安くなりました。
私が免許を取りたての頃、親の自動車保険は子供の年齢に合わせて設定されていました。
そのおかげで安心して運転できました。
私も将来子供が大きくなったときに車に乗ることがあれば年齢の引き下げも検討しようと思います。
35歳未満不担保
特定した車を運転する人はどんな人が多いかまず検討します。
まずは車の所有者が35才以上であること。
また特に運転する人も35才以上であることが第1条件だと思います。
また家族の中で運転免許を持っており35才以上の人が運転することが望ましいと思います。
運転者年齢条件特約の最高なので保険料は一番安くなります。
万が一、35才以下の運転手が事故を起こした場合何の保証もされないことになります。
自分の車の修理、相手の車の修理、事故による自分の体の治療、後遺症他、相手の保証をしなくてはならない場合、多額が請求されることになります。
その時あなたは払う事が出来ればよいのですが年齢に合わせた保険を掛ける必要があると思います。
35歳未満不担保
結婚してから、自家用車は私と主人しか運転しないと決めたので、子どももまだ運転する年齢ではないので本人と配偶者限定の自動車保険にしました。
歳の差があるので、主人から見ると私の年齢に合わせた特約は損した気分になるのですが、万が一主人が運転出来ない状態になった時に、主人の年齢に合わせていると私が運転出来なくなるので主人より私の方が年下なので私の年齢に合わせる形で運転者年齢条件特約をつけています。
私が35歳の誕生日を迎えてから、ようやく35歳未満不担保の特約をつけることが出来て、いくらか返戻金がありました。
26歳未満不担保
最初に任意保険を加入した時は私の年齢が50歳だったのですが、当時21歳の娘が運転免許を取ろうとしていたことや近い将来息子も運転免許取得の可能性が高いと判断して、当時私の収入がそこそこあったので割高になりますが年齢条件は特に付けていない保険に加入していました。
数年間はそのままの条件で加入していました。
ところが私の経営していた会社が経営不振に陥り、私の収入も下がり続け生活費の見直しを検討せざるを得ない状態になりました。
息子が27歳になっていたので保険料金を下げるために26歳未満不担保の保険に修正加入しました。
年齢を問わず担保
夫婦は共に40代なんですが、前回の保険更新変更の際に35歳という条件がないと言われたのでそれなら年齢制限を付けないでおこうと決めました。
値段も年間にしたらそれほど大差なかったからです。
年齢制限を付けなかったおかげで年下の友人と出かけた時にも運転を代わってもらえるし、弟妹が車を貸してほしいと言われた時にも気にせずに貸せるようにもなりました。
それに息子が間もなく免許証を取れる年齢にもなりますし、今では制限を付けない方が私達にはメリットが大きかったと思います。
35歳未満不担保
夫婦だけの世帯で自分だけしか運転しませんし、友人や親族や他人に車を貸すことも絶対にありませんし、友人や親族と一緒に出掛けて運転を代わってもらうこともありませんので、保険料が少しでも安くなるのであればと思いずっと年齢条件特約を付けています。
結婚してからは、仮に私に何かあって運転できなくなり妻が運転するようなことがあったとしてもカバーできる条件で設定していて、現在では二人とも40歳を過ぎていますので35歳未満不担保にしてあります。
もし仮に他人や親族に車を貸すことになった場合は、一時的な保険に加入してもらうつもりでいます。
35歳未満不担保
家族で乗っていた大型のミニバンが走行距離、年数がともに経ってきたので買い替えようとの話が出たところで、子供が大きくなってきたこと、妻が運転するのにサイズダウンをしたいということ、自分と妻と別々の場所に同時間に行くことが増えたこと、などの理由から買い替えは小さいサイズのミニバンとなりその車は妻用及び家族で出かけるようになり、自分はもう一台を買って自分専用とした。
そういうわけで新規で保険に入らなくてはいけなく費用を安く抑えたかったのでダイレクト型を選択し、年齢特約で35歳未満不担保を付けたらかなり保険料が安くなりました。
35歳未満不担保
特約条件で保険料が安くなるからです。
それと大型のSUV車に乗っていてお出掛けするのにも奧さんも年齢が40歳を超えて子供もまだ年齢が5歳で、両親も70歳を超えており、こんな大きな車乗れないので特約を付けました。
最近では会社の後輩や同僚と車でお出掛けする事もめっきり減り、旅行レジャーで、車に乗り合わせて運転を交代して何処かへ行く事も無いのもポイントになりました。
何より高級車の分類の車両であるので若い部下も運転したがらない。
保険料が安くなる、35歳未満不担保にしても35歳未満の人が全く運転する見込みが無いからです。
35歳未満不担保
自動車の使用目的は主に日常・レジャーであり、使用頻度も一か月に2,3回ととても低いです。
買い物へ行く時の運転者は40歳を過ぎた私か妻に限られております。
またレジャーで仲間と遠出する場合、運転者は私に限りませんが仲間は皆40歳に近い年齢なので35歳未満不担保であっても何ら問題がありません。
現在13歳になる息子がいますが、将来的に彼が免許を取得した際には年齢を問わず担保するようにプランを変更する予定です。
現在の保険料とプランには満足しているので他社に変更する予定はありませんが、その場合保険料が上がってしまいますので他の保険会社に見積り依頼しようと考えています。
30歳未満不担保
家族で私の車に乗る可能性のある人間が、私も含め全員が30歳以上なので「30歳未満不担保」の特約を付けています。
どうやら車の事故率というのは年齢に大きく左右されるようで、20〜26歳の若者は身体能力こそ一番充実している時期なのでしょうが血気盛ん且つ、自動車運転の経験が少ないため「事故にあいやすい&起こしやすい」というしっかりとした統計データがあります。
そのあたりから一番保険料が高くなっているそうです。
逆に30〜40代は経験を積み仕事などに支障が出ないよう自己の安全を何よりも一番にする傾向があるため実際に事故率は低くなるそうです。
なので「おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)」は40代が一番保険料が安くなるような設定をしているようです。
家にもそれを体現した家族が一人おり、20代の頃は4回もの事故(内2回は車全損)を起こしましたが、30を過ぎ安定した職について家族を養う立場に付いてからは一度も事故を起こしていません。
まぁ性格が直るわけではないので一人で乗っているときはまだまだ危ない運転の仕方をする人間なのですが…。
来年には家族の内車を運転する人間全てが35歳に達し「35歳未満不担保」が適用できるようになるので、もう少し保険料を安く抑えることも出来るでしょう。
35歳未満不担保
父、母、私の3人が自家用車を運転することがあり、その中で1番年齢が若いのは36歳の私です。
その為、私の年齢が上がるにつれて担保する年齢を上げ35歳を超えたので35歳未満は不担保としました。
理由は勿論保険料です。
年齢条件を上げると保険料が下がりますので自分の家族構成に合わせた条件での契約をしています。
また家族限定にすることにより保険料を下げています。
兄弟はいますが未婚の別居の子はもういませんので現在の契約に落ち着きました。
きっかけは加入している代理店の方が毎年、年齢条件が合致しているか確認してくれますのでその際に切り替えていました。
30歳未満不担保
基本的には自分しか運転しないので、30歳未満不担保にしています。
時々知人も運転するので、誰でも運転出来るようにしようとしていました。
しかし、保険屋さんに、「もしも知人が事故を起こした時は、その人の自動車保険の他車運転者特約を使って貰ったらいいよ。その人が自動車保険の他車運転者特約に加入しているかは確認してね。」と言う事を教えてもらい、自分の年齢だけを基準に選びました。
それまでは、そう言う事が出来ると言う事を知らずにいたので、教えて貰えて良かったです。
年齢の条件が、若くなれば若くなるほど値段が上がるので、少し値段が下がって良かったです。
毎月の出費は、少しでも安いほうがいいですもんね。
35歳未満不担保
自動車保険に初加入したのは18歳の時でした。
当時は、免許が取れる18歳になったら免許を取るのが当たり前の時代でしたので、免許を取り自動車を購入し、自動車を購入した販売店の取り扱う自動車保険に加入しました。
初加入は保険料も高く、年齢条件の設定で保険料が安くなるので、利用可能年齢になる度に契約内容の変更をしてきました。
結婚後も自動車に乗っていますので契約を30年以上続けていますが、たまたま子供が居ない事もあり、年齢条件を年齢を問わずに担保の補償内容に変更する理由もなく、35歳になって35歳未満不担保の補償内容に変更してから、その条件を変える事無く現在に至っています。
35歳未満不担保
以前は、自分の年齢だけではなく、自分の車を運転するであろう最年少の年齢に合わせて、21歳未満不担保や26歳未満不担保での契約をしている時期もありました。
保険料は高くなりますが、やはり、保険に入っている安心感はありました。
実際に事故等はありませんでしたが、若い運転者も安心して乗れると言っていました。
現在は、35歳未満の人に運転させる事はもうないので、保険料の事も考えて35歳未満不担保で契約しています。
今後、又、若い人に運転してもらう事があれば、その人の年齢に合わせた契約に変更するつもりです。
安全第一で運転していますので、保険料が高くなるのは安心料として考えています。
21歳未満不担保
我が家の車を運転するのは私と主人の2人だけです。
なので年齢が若い私に合わせた条件にしています。
あと数年すると26歳未満まで上げる事が出来るので、そうしたらまた少し保険料が安くなるかなと思っています。
確かに通常は年齢が上がれば上がるほど運転の経験も多いので保険会社もリスクが低く、逆に運転免許を取り立ての初心者だと事故を起こしやすくてリスクが高いです。
年齢に応じた条件で保険料が変わるこの仕組みはよく考えられているなと思います。
子供が大きくなって子供も運転するようになるといきなり保険料が上がりそうで怖いです。
26歳未満不担保
私の自動車保険は26歳未満不担保です。
その理由は、私も旦那も26歳以上30歳未満だからです。
子供はまだ小さいので、我が家の車を運転する事はないし、車を人に貸したりもしないので、私と旦那以外が我が家の車を運転する事はないと考えたので26歳未満は不担保にしています。
もし万が一、誰かから車を貸してなどと言われたとしても、保険の関係で無理な事を伝えてお断りする事に決めています。
26歳未満不担保にする事で、高い保険料が少し安くなるので家計はとても助かっています。
我が家では26歳未満不担保にしても不自由ではないので、これでいいと思っています。
35歳未満不担保
車を2台所有しています。
自分と妻には年齢差があるので、家族全員で乗る可能性が高い妻の車は、26歳未満不担保にしてあり、自分の車は自分しか運転しないつもりで35歳未満不担保にしています。
何か都合で妻が運転しなくてはならない時は、年齢条件の緩い妻の車の方しか乗らないので、問題なく過ごせています。
こどもはまだ小さいので、運転免許を取得するのは随分先の事になります。
 自分の車は、主に通勤に使っている為、ふだん乗る距離も短く、家族全員で出かける用途には使っていないので良いのですが、緊急時にどちらでも動かせるように、妻の年齢がもう少し上がれば、限定を外そうと思っています。
21歳未満不担保
私自身がまだ26歳未満と言う事もあり、21歳未満不担保で設定しています。
年齢を問わず担保にすると、今の保険料よりもさらに高くなってしまうので 今後も区切りの年齢ごとに設定を上げていく予定でいます。
26歳以上になると保険料がガクッと下がると周りからよく聞くので、 運転する人の中で年齢が一番低い人が26歳になった時点で条件を変更していく事で保険料をお得にする事が出来ると思います。
又、お子さんが大きくなるまでは下の年齢の保証をする必要もそれほどないと思うので 自分達の年齢に合わせて条件をあげていく事も必要かと思います。
35歳未満不担保
親子3人家族ですが、車を運転するのは親だけです。
その為、年齢条件は、親の都合のみ考えればよい状態となっています。
現在夫婦二人とも35歳を過ぎているので、年齢条件は「35歳未満不担保」となっています。
しかしいずれは子どもも運転免許を取得出来る年齢となり、そうなると年齢条件を見直す必要が出てきます。
条件としては「年齢を問わず担保」を選択するしかないので、保険料の値上がりがどのくらいになるのか心配です。
そうは言っても万が一の事故に備えておくのは大切な事だけに、少々の支出増は仕方がない事だと思っています。
30歳未満不担保
現在33歳なので年齢条件を30歳未満不担保にしています。
同じ車を運転する可能性のある主人も35歳なので適用されます。
実家で親所有の車を借りて乗っていたのですが、自分の車を買った時も、今まで乗っていた車の年齢条件を両親が直ぐに変えていたし、友人が保険会社に勤めていて自動車保険はこまめに見直しをした方がよいと聞いていたので、年齢条件を確認しておいて年齢がきたら変更するようにしています。
若い方が保険料が高いので節約になります。
保険会社を変えた時などは、年齢条件が保険会社により違うので最初に確認するようにしています。
26歳未満不担保
少しでも保険料を安くしたいと思い、年齢条件は26歳未満不担保を選択しています。
自動車保険の加入は車を運転するうえで必要ですが、かなりの金額になります。
保険会社によっていろいろな割引がありますが、年齢条件による割引は大抵の保険会社が導入しているポピュラーな割引なので、利用出来る年齢になったら絶対に利用しようと決めていました。
車は通勤や生活に使用する事を目的としているので、仕事に使う事はありません。
つまり家族以外が車を運転する事は、よほどの事がないとありません。
家族は全員26歳を超えているので、万が一自分で運転出来ない状況に陥っても大丈夫と判断しました。
現在の所、不便を感じた事はありません。
35歳未満不担保
35歳未満不担保です。
ほんとは、私自身40歳後半なので、年齢条件をもう少し上がってもいいのですが、今は、35歳までみたいですね。
もう身内の者も私の車を使用する事もありませんし、私も家族も現在おりませんので、条件的には、35歳未満担保しないにしてます。
18歳のころは、年齢を問わずでしたが、年齢を重ねるごとに条件が変わり保険料が安くなってきました。
まあ30年以上支払ってきましたから、トータルして計算すれば何百万も今まで支払ってきました。
又、事故の多い若年層の保険料の高いのは、仕方ない事かも?しれません。
私も20代で大きな車両事故をおこしましたので、若年層の高額保険料は、しかたないと思います。
35歳未満不担保
自宅で使用している自動車を運転するのは35歳以上の家族だけです。
家族以外の人に運転をしてもらう事はありませんので、当然35歳未満不担保、家族限定で契約しています。
毎年インターネットの自動車保険比較サイトで各社から見積もりをとっていますが、保険会社にも寄ると思いますが、大体の場合年齢の条件を35歳未満不担保に設定すると保険料も多少安くなるので、そうしています。
まだ子供が小さいのですが、子供が運転免許を取ったら年齢制限を変更するかもしれませんが、それまでは当面35歳未満不担保の保険のままだと思います。
35歳未満不担保
私の所有する自動車は8人乗れるミニバンなので、家族全員、運転免許を保有する父、私、弟夫婦が運転出来るようにしています。
ただ父はミニバンの運転は殆ど出来ませんが、弟夫婦が帰省して帰る度、荷物が多すぎて私の車と弟の車と交換して帰らせています。
昔は若かったので、自分の年齢での制限を基準にしていましたが、今では家族の事を鑑みて、運転出来る人間の最低年齢を基準として年齢制限を設定しています。
年齢制限を適用する事で保険金額が格段に安くなり、毎年費用の削減が出来て助かっています。
年は取りたくないですが、年をとって救われるのは非常にありがたい限りです。
30歳未満不担保
現在30歳、独身なので運転者は本人限定としています。
今後結婚するとしたら、今お付き合いしている相手の方が21歳なので、本人と配偶者限定に変え、年齢条件も下げなければいけないと思っています。
家族構成が変わっていく中で、生活スタイルや車の使用目的も変化していくと思うので、それに合わせて自動車保険の保障内容も検討していく予定です。
今の所は結婚の予定もなく、ほとんど通勤にしか使っていない状況ですので、年齢も30歳からの設定にしてあります。
保険料を少しでも節約して他の事に使えるお金を増やしたいと思っています。
35歳未満不担保
自動車保険の年齢制限は現在35歳以上に設定しています。
若い頃は年齢制限によって割引があるのを知らず、設定していませんでした。
若さゆえ、値引きも僅かで気にしていなかったのかなと思います。
20代半ばで自動車保険を見直した時に設定し、以来夫婦が歳をとって各年齢制限に達する度に、見直してきました。
いよいよ最高年齢に達してしまいましたが…。
運転対象者も本人・配偶者限定にしているので、年齢制限を低く設定する理由がないのです。
割引はわずかな物ではありますが、チリも積もれば山となるで、削れる部分から無駄を省いています。
自動車保険比較ランキング
Copyright Car-Jpn. All Rights Reserved.