自動車保険比較ランキング
安い
自動車保険
投票総合
ランキング
通販型
ランキング
代理店型
ランキング
見積サイト
ランキング

トップページ > 搭乗者傷害の限度額は?


搭乗者傷害保険の限度額は?


総投票数:141
2千万円以上53 (37.5%)
1千万円以上〜2千万円未満36 (25.5%)
付帯無し27 (19.1%)
1千万円未満25 (17.7%)





2千万円以上 1千万円以上〜2千万円未満
1千万円未満 付帯無し

ハンドル名:
コメント:



掲載コメント

1千万円以上〜2千万円未満
搭乗者傷害に加入していると、ケガなどの入院中や治療中でもスピーディーに保険金ををうけとれるので、貯金もそれほどない私にとっては費用の心配がなくなり助かると思いました。
人身傷害や相手の対人賠償から保険金の支払いを受けていても、保険金をもらうことができ、保険金が手厚くなることも魅力でした。
自動車保険に加入するときに一緒にいた両親は、もしも、友人など家族以外の人を乗せて事故を起こしたとしたら、同乗していた友人やそのご両親にとても申し訳ない。
だからできるだけ手厚くお見舞金などもお渡しして謝らないといけないから、搭乗者傷害にも加入するようにいわれました。
1千万円以上〜2千万円未満
自分の運転で事故にあった場合、自分はともかくとして、搭乗者には多大なる迷惑をかけます。
身体に傷害を与えた場合は治療費は全額みなければなりません。
傷害によっては多額な費用がかかるかもしれません。
それを考えたら保険に入るのは当然です。
とはいえ、限度額を考えるに、保険費用も気になりますし、保険費用と傷害限度額を合わせて考えると、限度額は1000万円位が妥当かなと思いました。
保険というのは万が一の事を考えてのことであり、掛け捨て覚悟で入るものでしょう。
生活費での余裕の範囲内でかけるものです。
付帯無し
私が自動車保険で搭乗者傷害を付帯していないのは、すでに人身傷害保障がある時点で搭乗者傷害まで別に付ける理由はないというのがありました。
もちろん、搭乗者傷害を付けておいた方が安心感があるのは確かです。
ですが、保険料を少しでも安くしようと思った時に搭乗者傷害まで付けるのは保険料を上げるだけの結果になります。
そして私は自動車保険に加入している一番の理由は事故を起こした時に相手の賠償をしないといけない事に対応する目的で加入しています。
なので自分や他の搭乗者が事故でケガをした時の補償を手厚くしようと思っていないというのがあります。
1千万円以上〜2千万円未満
搭乗者傷害の限度額は、現在1人に対して、1千万円になっております。
もう何十年も継続してますが、搭乗者傷害保険を見直さないといけないとは、思いません。
保険のセールスの方にも、とくに見直された方が、いいと言われたこともありませんし、1千万の限度額で現在まできました。
搭乗者の死亡・後遺障害の合計の限度額が1千万が適正か?と問われれば、少し心配のような気もしますが、それを考えだしてしまいますと、キリがありませんし、料金も上がってしまいますので、1千万が基本ではないかと思ってますので、現在の条件で大丈夫だと考えてます。
1千万円未満
車に乗っているということは、便利さを手に入れる代わりにリスクを背負っている事だと思っています。
いくら自分が安全運転を行なっていても、もらい事故、うっかりミスなどのリスクを0にすることはできません。
そしていったん事故が起こって、もしも一生体が動かない状態にでもなったら取り返しのつかないことになります。
そんな時に頼りになるのはなんといってもお金です。
もし、その事故がおこってもその保障を自分の資産で賄えるようなら、保険は必要ありません。
人身保険は実費を負担してくれますが、事故後の当座の費用を素早く払っていただけるので搭乗者損害をセットでつけます。
当面何とかなれば人身保険でどうにかなるので、最低限の金額です。
付帯無し
搭乗者傷害補償は保険を手厚くすることを目的として作られたような保険です。
治療にかかる実費や交通費などの基本的な補償は、相手方が悪い事故では、その相手の保険会社から対応してもらえますし、補償されない部分は人身傷害補償でカバーされます。
搭乗者傷害補償はそれにプラスして定額払いで補償を受けれるだけで、それも通院が何日以上などの所定の条件を満たすときだけです。
起こすかどうかも分からない事故で、かつ実費や慰謝料は受け取れる上に、さらに条件つきで保険金がおりるというのは、月々支払う保険料の割に合わないと思います。
付帯無し
人身傷害補償だけで十分と考えています。
保険は医療でもガンでもそうですが、保障や補償の範囲を広げたり保証額を高くすると必然的に保険料が高くなります。
正直いって心配しすぎると、きりがありません。
万が一に備えての自動車保険なので、必要最低限度の補償内容で十分です。
そもそも搭乗者傷害保険は人身傷害保険の上乗せ補償だと聞いたことがあります。
日々の生活の中で、お金が必要な場面は他にもたくさんあります。
大金持ちならいざ知らず、限られた生活費の中でやりくりせざるを得ません。
とにかく事故を起こさない前提で運転するよう、夫婦はもちろん子供にも言い聞かせています。
付帯無し
搭乗者傷害を付帯していない理由は人身傷害保険を付帯しているのでそれで充分だと考えているからです。
昔は双方とも付帯して人身傷害を3000万付帯して搭乗者は500万付帯していましたが、よく保険を調べてみると両方ともに保証している範囲は同じだとわかりました。
搭乗者で治療にかかった日数で保険金が貰えるのは魅力的な面ではありますが、それでも同範囲をカバーする物を2つ付帯していることによる保険料の負担というデメリットを重視します。
同じ金額ならば搭乗者傷害を外して車両保険等に回した方が内容的な充実は得られると考えます。
1千万円未満
あくまで最低限の保障だと考えています。
不要だから搭乗者傷害は必要ない。
生命保険でカバーすれば良いという人もいるとは思います。
しかし搭乗者傷害に入っていることでスピーディーに対応してくれることに間違いはありません。
見舞金でももらうことができればお得感はあります。
実際に追突事故に合い、自分の過失は0でしたが、相手の保険だけでなく自分の保険からも見舞金として支出していただけました。
入ってなければそれはないものです。
人身傷害だけであれば過失割合などが確定しないと自腹で治療費を支出せざるを得ない場合があります。
負担を少しでも減らすためには入っていればお得であるのは間違いないため、入っています。
1千万円以上〜2千万円未満
まだ小さい子供が2人います。
もし事故にあって多額の治療費がかかるとなった時に、お金の問題で治療を諦めたくないので高めの設定にしています。
保険はお金が無い人こそ入っておかなければいけないと思います。
もちろん保険料を支払う為に生活が苦しくなってしまっては元も子もありませんが、車に乗っていればこちらが悪くなくても事故に遭う可能性はあります。
その時に相手が保険に入っていなくて、さらに貯金もなかった場合、自分で治療費を払うしかありません。
事故の相手は選べないので自分を守る為にもきちんと加入しています。
付帯無し
初めて自動車保険に加入した頃はすすめられるままに付帯していましたが、何度目かの更新時に搭乗者傷害の他に人身傷害が付帯されている事に気づきました。
保険会社に問い合わせてはじめて2つの違いを知りました。
補償内容は似ているようで微妙に違いますが、正直、人身傷害を付帯されているので搭乗者傷害が必要ないと言うのが率直な感想でした。
それ以降は付帯していません。
理由としては死亡、通院、入院に関して負ったケガの程度等にかかわらず決められた金額が支払われると言う補償の中身に魅力を感じなかったからです。
実際にかかった通院や入院費用であれば人身傷害を付帯しておけば補償されます。
死亡の場合は残された遺族の為に、と言う意見もあるようですが個人的に加入している一般の保険で補う事が出来るので、削っても問題ないと考えました。
保険は補償によって保険料がかわります。
中身も大事ですが削れる所は削るとの考えから、現在は搭乗者傷害を付帯しない事を選択しています。
1千万円以上〜2千万円未満
搭乗者傷害保険は付帯するかしないかで迷いました。
正直、必要ないかな?人身傷害保険に入れば大丈夫かな?とはじめは思ったのですが、比較的保険料が安く、やはり、搭乗者障害保険もあると便利だよなぁと思いました。
次回の自動車保険の更新の時に、保険料や保険内容の見直しを行う予定です。
対人、対物賠償は必須ですが、搭乗者傷害保険は人身傷害保険でもカバー出来る内容なので、その時の経済状況や車の使用状況を考えて、少しでも保険料を安くしたいと思ったら、削るかもしれません。
付帯無し
人身傷害補償で十分だと考えて付帯しておりません。
人身傷害補償は実損をカバーしますので、小さな損失には小さく、大きな損失には大きく補償してくれます、これは大変効率的だと思います。
それと比較して搭乗者傷害は定額補償なので、ケガの一時金や入院給付などに一定の金額が給付されますので、ありがたい反面、必要以上の補償になりがちなので、保険料の負担も大きくなってしまいます。
1千万円以上〜2千万円未満
搭乗者傷害保険は、車を運転している方と、その同乗者に支払われる保険となります。
つまり契約者に向けた保険となります。
1点注意が必要な部分としましては、設定した保険金額は運転者、同乗者が死亡、又は重度後遺障害を負った場合の金額となる。と言う事です。
では、死亡、又は重度後遺障害以外のケースではどのように保険金が支払われるか?ですが、保険会社により異なります。
部位症状別払いと言われる、怪我をした箇所により決められた金額が支払われるケースと、入院1日1万円通院1日5000円と、入通院により金額を決めて支払うケースに分かれます。
この保険の1番のメリットは自動車事故後に保険金が支払われるまでのスピードが早いと言う所にありますので、死亡、又は重度後遺障害の設定金額は人身傷害との兼ね合いで決めていただいたら、よろしいかと思います。
2千万円以上
現在私の契約している任意保険会社はセゾン自動車火災保険です。
人身傷害補償特約と搭乗者傷害特約に加入しています。
人身傷害保険による補償額は上限3000万円であり、治療費および精神的障害など実際に被った金額を保証するタイプです。
ただ、過失割合などに関係なく支払われる物ですのでその点では安心出来る物ですが、実際に事故などで本当に骨折などした場合、不足していると感じます。
そこで搭乗者傷害特約が有益になります。
被った人体の被害の状況によりあらかじめ決められた補償額を迅速にカバーしてもらえる補償なので、症状が固定したり、治療が終わって申請するよりも早く、一時金として支払われます。
事故に遭ったあとケガなどの状況により費用がかさむと思いますが、この補償が付帯されていると経済的にも、精神的にも安心感が増大します。
1千万円以上〜2千万円未満
搭乗者傷害補償は1名につき1000万円です。
この辺は、もう昔から変更してない項目だと思います。
2000万以上にはしないと思います。
自分の感覚なんですが搭乗者傷害の補償内容は1000万でいいかな?なんて考えてます。
あまり気にしておりません。
人身傷害補償は少し考えて増額しましたが搭乗者傷害補償の増額は考えてませんね。
1000万円ぐらいまであれば、たいがいのケガは治療出来るのではないかと考えます。
1000万を超えてしまえば、もう死亡してしまってしまうのではないかと思います。
1000万ですが入るにこした事はないです。
付帯無し
人身傷害でしっかりと保障される為、搭乗者傷害はつけていません。
代理店の方や損保の仕事をしている知り合いに聞いた所、搭乗者傷害を付ける人は減ってきているとの事でした。
生命保険、医療保険での備えもあるので、あとは人身傷害があれば万が一の際にも備えられると思います。
ほとんど通勤にしか車を使っていないですし、遠出の際は電車を使っています。
通勤とは言っても片道5分程度なので、あまり搭乗者傷害に関しては考えた事がありません。
満期の際は毎年見直ししていますが、今後も人身傷害は付けても搭乗者傷害は付けないと思います。
自動車保険比較ランキング
Copyright Car-Jpn. All Rights Reserved.