自動車保険比較Car-Jpn メニュー

対物賠償保険の限度額は?

対物賠償保険の限度額は?


 無制限 
車を運転している以上、どんなに気を付けても事故の発生が避けられない場合があります。
車を所有し、運転されるほとんどの方は、万が一に備えて任意保険に加入すると思います。
その時、誰しも対物賠償保険の限度額をどうするか真剣に考えられると思います。
最低でも限度額1億円は設定すると思いますが、対物と聞くと相手の車の補償を真っ先に思い浮かべがちです。
しかし自動車事故をニュースの報道で拝見すると、もし大型トラックが倒れたなら、トラックだけでなく積み荷の補償責任が発生します。
また、コンビニエンスストアや店舗に突っ込んでしまった場合、店舗の修繕費や商品の損害補償、その他店を休業した場合には、その期間の予想される売り上げの補償も求められます。
その事を考えると、1億円では事故の度合いによっては足りないと思います。
以上の理由から、自動車保険の対物賠償保険の限度額は絶対に無制限にすべきだと思っています。

 無制限 
対物賠償保険は、自動車事故により相手の財物に被害を与えてしまった時に使用する保険となります。
多くの保険会社では0の設定にする事はできず、必ず数百万円の設定金額が最低となっています。
財物とは、被害者の車だけに留まらず、他人の家や事故現場の店舗なども含まれ、大きなパチンコ店に車が突っ込んでしまった事で、
「2億円を超える賠償請求がなされてしまった。」
と言うケースもあるほどです。
また、ガードレールなどの公共物もこれに含まれるため、事故後に道路局などから修理費の請求がきてしまう事もあるので、設定金額は無制限にされる事をおすすめいたします。
ちなみに対物賠償保険を無制限にしても、契約者が負担する保険料は数百円ですむようですので、万一に備え無制限にしておきましょう。

 無制限 
家族で共用している車の自動車保険ですが、昔は対物賠償を2,000万円にしていたと聞きました。
幸い家族の中に事故を起こした者はいませんが、最近の交通事故などの様子を見ていると、対物賠償保険も対人賠償と同じ無制限の方が良いと考えました。
自分は安い車に乗っていますが、事故の相手は高級外車などと言う事も考えられます。
そのような事故の場合、賠償金額が高額になると聞きました。
また、自動車以外の物を一緒に壊してしまった場合、2,000万円程度では不足してしまう事もあると聞きました。
そのような時でも安心できるように、対物賠償保険も限度額を無制限にしています。

 無制限 
無制限にしています。
今の世の中、何があるか分かりませんので、補償は厚い方が良いと考えています。
私は岩手県に住んでいますので、自動車がないと生活できない地域となります。
通勤から買い物、子供の送迎から余暇に至るまで、移動手段は自動車が基本です。
そのような背景から考えますと、事故を起こす確率は非常に高いと考えられます。
まして雪国ですから、冬の凍結路面でのスリップと言うような状況は日常的です。
間違って前方の自動車へ追突したり、電柱やガードレールに追突してしまう事は無い訳ではありません。
ですから万が一の時のために、対物賠償は無制限が必要と考え加入しています。

 無制限 
対物賠償責任保険は万が一の事を考え無制限にしています。
理由は、相手の物に対する賠償なので、仮に100万の車にぶつかる事もあれば、1,000万以上の車にぶつかる事もあります。
車以外にも店舗や家電車等も考えられます。
電車にぶつかった際には、相当な高額賠償がかせられる可能性があります。
電車本体、電車遅延の賠償等、一億以上の賠償も考えられるものです。
店舗であっても、休業補償や店舗復旧費用など、計り知れない賠償も存在します。
対人賠償責任保険もそうですが、他人に対する補償にまず限度をつける事自体、ナンセンスだと自分は思います。

 無制限 
私は普段から、通勤や買い物にも車を使っています!
通勤の際に車を使う場合、任意保険の加入が義務付けられており、それには原則として、
「対人無制限」
「対物無制限」
と決まっており加入は絶対でした。
やっぱり、対人対物は無制限の方が確実に安心できますし、もし何か事故を起こしても保険でまかなう事が可能です。
事故は急に訪れてくるから、やはり
「備えあれば憂いなしと言った感じでしょうかね?」
なので私の家族はみんな車を所有しているため、どの車両にも対人対物は無制限にしています。
やはり事故を起こした時は色々不安になるので、加入してるとやはり安心です。

 無制限 
今まで、何十年と毎日のように運転しています。
でも事故もなく周りの知り合いや友達も無制限で良かったと言う話は聞かないし、保険料が安くなるなら下げたい所なんですが、やはり安心と言う所でしょうかね。
いつ何時事故に遭ったりするか分からないですし、なってからでは遅いと言う不安からもありますね。
もう一つ思うのは、
「対人対物無制限が当たり前の世の中で、そうじゃなきゃダメでしょう?」
と言う感じがします。
私の夫の会社では、毎年任意保険のコピーを提出しなければいけないのですが、対人対物は必ず無制限にしなければ、車通勤は認めないそうです。

 無制限 
対物賠償の設定を低い金額にすれば保険料が安いと言う訳ではなく、無制限との差はせいぜい数百円程度。
対物賠償は壊したその物の損害だけではなく、休業補償のような目には見えない物も補填してくれるので、対物賠償は無制限にするのがベストだと思っている。
聞いた話では、パチンコ屋を店舗休業なんかにしてしまったら、あの業種は1日単位の売り上げが高いので、下手をすれば億単位の損失だと言う。
代理店がおおげさに言っているのかもしれないが、自分が取り立て運転技術に自信があるわけでもないので、何かあった時のお守りとして、対物賠償はずっと無制限を選択している。

 無制限 
運転歴30年以上ですが、対人も含め対物賠償も継続して無制限に加入しています。
事故のケースは様々だと思います。
加害した車両が超高級車の場合もありますし、対物損害として車両以外の公共物や、私物を破損し原状回復のために想像もつかない金額を請求される可能性も否めないと思います。
若い頃の話ですが、初めて車を所有するようになった時、これらの事を代理店担当者から熱心なアドバイスを受けた印象が脳裏に残っています。
対人と同様に対物も、自分が思っている以上に金銭的責任が伴ってくると思いますので、対物補償は無制限を選択しています。

 無制限 
もし事故を起こした相手が高級車だったとしても、対物賠償が1千万円あれば賄えるかなとも思いました。
ですが車を何台も巻き込むような多重事故を引き起こしてしまった場合や、民家などにぶつかって破損してしまった場合を考えると、数千万円では足りないケースもあるかと思うので、対物賠償は無制限がベストだと考え契約しています。
そして何より、
「そこをケチって、対物賠償の限度額を下げた所で、保険料は大して安くならない。」
と言うのが一番の理由です。
安心を買う意味では、対物賠償無制限にする位の保険料負担は安いものだと思います。

 無制限 
私は以前までは対人無制限は当然だとしても、対物の無制限は必要なく、1千万円もあれば十分と考えていました。
しかし自動車保険の担当者から、
「対物は無制限の方が良いですよ。」
「街中には意外に高い物があったりします。」
「例えば、パチンコ店の外によくある、大型の電光掲示板になると1千万円は超えてきますよ。」
と忠告をされました。
パチンコ店の大型掲示板に、車で突っ込み壊してしまう事などは可能性としてはかなり低いかもしれません。
しかし、その万が一に備えるのが保険であり、万が一が起きてしまった事を考えると、対物は無制限しか選択できません。
その事があってから、現在まで対物は無制限に加入しています。

 無制限 
私は現在、道路管理の職業に就いており、実際交通事故を起こされた方が道路上の施設物を損傷され、その修理・復旧にかかる請求書を見させてもらった事があります。
正確な金額はハッキリとは言えませんが、とてもプライベートマネーでまかなえる金額ではなく、ゾッとしました。
街中では、道路の施設物だけでなく、建物や商品(ショールーム)など高価なものが沢山あります。
事故を起こした弾みで、外車ディーラーのショールームに突っ込んだら、事故を起こした弾みで道路を損傷してしまったら。
そう考えると、万一のためにも、対物の限度額は無制限にしておいた方が安心できるからです。
無論、保険は使わないのが一番ですが。

 無制限 
保険と言うのは、万が一に備えて入る物。
自動車に乗っていて、何時どのような事故に遭うかなんて分からないし、大きな事故かもしれない。
万が一大きな事故に遭ってしまった場合、保険でまかなえない場合は、自己負担になってしまいますし、とても払いきれない金額かもしれません。
月々少しの金額をプラスするだけで保険でカバーできるなら、絶対対物賠償は無制限に入るべきだと思い選択した。
事故と言うのはいくら気をつけていても100%起きないと言う保証はないので、月々の保険料は多少あがっても、万が一に備える事はとても大切な事だと思います。

 無制限 
車は便利ですが凶器にもなります。
毎年、多くの方が事故にあって亡くなったりケガをしたりしています。
車がめちゃめちゃ破損する事もあります。
もちろん車を運転する時には事故を起こさないように気をつけていますが、人間なのでミスをゼロにする事はできません。
私は保険はお守りだと考えています。
事故の可能性は低くても、万が一なにかあった時に困らないように保険に入ります。
自分の過失で相手方に迷惑をかけてしまった場合、双方がこじれないように、事故以上のトラブルやもめ事が起きないようにと考えると、対物賠償も無制限が安心です。

 無制限 
何があるか分からないので、対物賠償保険の限度額は無制限にしました。
一度、初心者マークの時に後ろから追突されました。
本当に怖かったのと、自分が追突する側じゃなくて良かったと思ったので、対物賠償保険の限度額を無制限にしました。
無制限にすると、月々の支払い額が高くなるので迷いましたが、前に追突された思いがあるので無制限にしました。
親には1千万円でも大丈夫だと言われていますが、心配性なので無制限にしております。
日々の気持ちの持ちようなどを考えたら、無制限にして良かったです。

 無制限 
車を乗りたての若い時は、事故についてあまり意識しておらず、保険料が高い事もあって1千万で契約していました。
しかし30歳を過ぎ、更新の際に保険屋さんの方から対物についての見直しを勧められました。
電柱にぶつかったり塀を壊してしまったりすると、一生背負うほどの借金を追い兼ねない。
「近年修繕費がどんどん高騰しているから、1千万では心もとないですよ!」
との事。
確かに物価も高騰しているし、それを聞いて急に怖く思えました。
賠償額は悩みましたが、年齢的にも保険料は安くなっていたし、今では家庭を持って家のローンも抱えているため、思い切って無制限にしました。
やはり守るものが増えた分、補償は充実させた方が安心できます!


自動車保険一括見積もり

自動車保険口コミ評判

ユーザーの任意保険料

自動車保険関連アンケート

ユーザーの体験談

人気車種ユーザーの保険料

Copyright 2019 自動車保険比較Car-Jpn. All Rights Reserved.