CAR-JPN メニュー

自動車保険の対人賠償の限度額は?

自動車保険の対人賠償の限度額は?

 無制限 
私は対人賠償保険は無制限にしています。
免許を取って初めて車を購入した時から、必ずこの項目は無制限で入っていますね。
と言うのは、万一事故を起こしてしまって相手に後遺障害などを与えてしまった場合は、賠償金額が巨額になるというのを聞いた事があるからです。
「1億どころか、2億3億なんて言う金額もあるとか。」
万一、保険金額が足りなかったら、正直現実問題として自己破産するしかないですよね。
それに、相手も十分な補償が受けられなくなってしまいます。
そんな事態を防ぐため私は今後も必ず無制限で入りますし、子供が将来免許を取っても、
「絶対に無制限にしなさい。」
と言いますね。

 無制限 
対人賠償は毎回必ず無制限です。
保険料を少しでも節約したいので、毎年見直して、搭乗者傷害や車両保険など削れる所はしっかり削っていますが、対人賠償は自分ではなく相手方に対する補償ですので、自分の身を守るためにも相手や相手の家族のためにも無制限以外は絶対に考えられません。
今後も見直しを満期の度にして行くつもりですが、対人賠償だけはぜったいに無制限から変えようとは思いません。
自分の責任を自分のお金で解決できるような資産を持ち合わせてはいませんので、万が一の備えとして絶対に必要な部分だと思っています。
自動車保険は、自分への補償より相手への補償を重視しています。

 無制限 
相手のケガなどの状態により治療費がいくらかかるか予想がつきませんし、完治までの期間がどのくらいかかるのか分からないので無制限にしています。
もし酷い事故を起こしてしまい限度額を設定してしまうと、相手が重傷の時には限度額を超えた分、自己負担になってしまうため、もしかしたら破産してしまう可能性もあります。
その他にも最悪な状況を想定して、安心の無制限に設定しています。
保険料に大差もありませんし、万一の時の事を考えても心に余裕を持って車を運転する事ができますので、今までの保険に関しても、絶対に無制限以外考えられませんでした。
これからも気持ちは変わりません。

 無制限 
対人賠償は無制限以外は一度も入った事がありません。
いつどんな時にどんな事故に合うか分からない中で、人の補償に金額をつける事はできないと思っております。
最近、老人の方と学生の方がとても危ないと言う印象があります。
老人の方は横断歩道ではない所をゆっくり歩いて渡ったり、自転車をおして渡ったりと言う光景を見かけます。
車が止まってくれるのだろうと言う過信からなのでしょうか。
横断歩道に行くのは、体的にしんどいからなのでしょうか。
しかし、実際私の知っている方でご老人をひいてしまい、結果的になくなってしまった事故がありました。
そう言う悲しい結果の後、やはり賠償額は将来生きたであろう金額を算出したと聞きました。
そんな話を聞いたら、ますます無制限以外は考えられません。

 無制限 
対人賠償保険とは読んで時の如し、自動車事故で相手に支払われる保険の事です。
通常相手のいる自動車事故となると相手側が怪我をしているケースが多く、休業損害や精神的なケアについても配慮が必要となるため、賠償金額を無制限に設定している保険会社が非常に多いです。
特に通販型自動車保険は無制限のみの選択となる所が多く、大手の保険会社であっても0に設定できる所はありません。
恐らく、営業担当からも無制限にしましょうと提案を受ける事と思います。
そして、怪我をした相手側が通院する事を加害者側から止める事はなかなか困難であり、デリケートな部分となります。
しかしながら、対人賠償保険を5,000万円から無制限に引き上げても、契約者が支払う保険料は数百円しか上がらないケースが多く、万一の時のために備え、対人賠償保険は無制限に設定しておく事をおすすめします。

 無制限 
自動車に乗っていて交通事故を起こしてしまい、人に怪我を負わせた場合には、賠償額がいくらになるかは分かりません。
そう考えているので、自分には対人賠償保険に限度額を設けると言う事が考えられません。
自動車を運転する限りは、自分に原因があるかどうかは別として、交通事故に対しての意識は常に持っているべきだと思います。
どんな額でも支払える大富豪のような人は良いとして、保険料が高くなるからという理由で無制限にしていない人は、自動車を運転しない方が良いと思います。
と言うか、そういう人には運転して欲しくないです。
交通事故は誰にでも起こり得る事ですから。

 無制限 
車はエンジンをかけた瞬間から凶器になると認識しています。
そのため、もし事故を起こした場合、あるいは巻き込まれた場合に、相手に対する補償がきちんとできている事が当然だと言う考えで、対人賠償は必ず無制限にしています。
実際、自分は以前人身事故に遭いましたが、相手は無保険車両で自己破産しており、もし自分自身の保険が充実していなかったら、治療費も確保できなかった所です。
この事故はたまたま自分の車に突っ込んでくれたから良かったのですが、もし歩道に向かって突っ込んで歩行者を巻き添えにしていたら、事故に巻き込まれた歩行者は泣くに泣けない所だったと思います。
ですから、万全な補償のための保険料が払えないのであれば、車はレンタカーかカーシェアリングにした方が良いと思うほど、対人補償には無制限しかいらないと思っています。

 無制限 
自動車に乗る以上、自動車保険に入るのは当然ですが、対人賠償保険の限度額は無制限以外考えられません。
万が一の時の補償なので、跳ねたり引いたりした時に無制限でなかった場合を考えると怖いです。
保険の担当者に無制限と限度額設定するパターンの見積りを出して貰った事がありますが、ほとんど保険料が変わらない事を知ったので、尚更無制限以外はありえないと思いました。
自動車保険は車を運転する事のリスクを守るものなので、保険料をケチっていざと言う時に使えないと、何のために保険に加入したか分からない事になるので、対人賠償無制限は必須だと思います。

 無制限 
自動車事故の場合、状況によっては死亡事故につながるケースも多いので、過失が多い少ないにかかわらず責任は負わなければならなくなります。
もしその際相手の方が、お医者さんや弁護士さん、社長さん等、高所得の方であれば補償額はかなりな額になると聞いています。
事故の相手を選ぶ事はできないので、補償額も制限をしない方が良いと考えています。
また、所得の多い少ないにかかわらず長期間の治療が必要になったり、後遺障害が残る場合もあり得ますので、障害の程度によっては車椅子生活になる事も考えると、補償金額は想像できません。
個人が払える金額ではない事は明らかなので、対人賠償無制限に加入しています。

 無制限 
事故を起こして一番怖いのが、相手の方が怪我をしてしまった場合や死亡してしまった場合です。
特にまだ若い人を死亡させてしまったら、多額の賠償金を支払わなくてはなりません。
億単位なんてありえる訳です。
私にはそんなお金はありません。
かと言って、相手のご遺族にせめてもの気持ちで賠償金を支払いたいと思います。
そのために車を初めて購入した時からずっと、対人賠償は無制限にしています。
もし本当に大きな事故が起こってしまった時に、自分一人ではどうする事もできないですし、家族にも迷惑をかけないようにするためです。

 無制限 
自動車保険の対人賠償保険の限度額を無制限にしている理由は、ニュース報道などで実際の事故での賠償支払の金額として、1億円を支払ったなど耳にする事があったからです。
そのため、万が一ではあるが幼児などを巻き込んだ事故を起こしてしまった場合、無制限ではない保険(上限額が決まっている保険)では賠償金を支払えない状態に陥るのではないかと危惧するからです。
そのほかの理由として、一度契約している現在の契約内容をグレードダウンするのに抵抗感があるというのもあります。
契約内容を見直したばっかりに、補償の対象から外れるなどした場合のリスクを負う事に対する精神的な抵抗感があり、保険料を見直す程でもないと思いこんでいる事も、多少は影響していると思います。

 無制限 
車を運転すると言うのは、いくら気を付けていても事故を起こす可能性があります。
だれも、事故を起こしたい人などいません。
対人賠償を無制限の契約にしている理由は、万が一人身事故を起こしてしまった場合、その被害者が一人では無く複数である可能性があります。
そうすると、上限設定のある契約だと保険で賠償金を支払う事ができず、被害者に対して満足な賠償をする事ができません。
お金だけが償いではないかもしれませんが、自動車保険の対人賠償を無制限の契約にする事は、運転者として最低限のマナーであり、事前にできるリスク管理の一つだと考えています。

 無制限 
自動車保険の利用暦は30年以上になります。
最初に加入した時の補償額は、あまりにも古い事なので覚えていませんが、1億円位だったかもしれません。
何せ10代での保険加入ですから、保険料が高く、万一の補償額が高いに越した事は有りませんが、自分のお給料での支払いに支障のない金額に抑えていた覚えがあります。
毎年少しずつ保険料も下がり、対人補償を無制限に上げても年間支払い額が、最初の契約に比べて安くなった頃に、契約内容の変更を行った記憶があります。
他の補償内容の変更も、もちろん可能ですが、30年以上の自動車保険の加入で、利用はたった一度だけですので、補償内容をこれ以上変えても利用する事は無さそうだと思い始め、補償内容の変更はもう20年くらい変えていないと思います。

 無制限 
対人賠償は無制限を契約しています。
自動車事故は相手がいた場合、必ず相手への補償の問題が出てきます。
事故時の運転状況によってお互いの過失割合が決まりますが、場合によっては想定した事もない金額を補償する事を求められる可能性があるのです。
特に相手がケガだけでなく、障害が残るような状況になるなどした場合の負担はかなりの金額です。
例え補償金を貯金等で支払う事ができたとしても、自分だけでなく家族の生活にも影響が出てきます。
対人賠償を無制限で契約する事は、金額に制限を設けて契約するよりも、保険料の面では負担です。
けれど、万が一事故を起こし高額の補償を求められた場合を考えると、高くはない保険料だと考えています。

 無制限 
私自身、車の運転には自信がなく実際うまくありません。
また、他の人より事故を起こす確率が高いと考えています。
そのため、できるだけ事故に遭遇した時に備えて、十分な金額の保険加入が必要と常に考えていました。
最近、テレビ・新聞で事故で多くの人を死傷させているニュースが出ています。
万が一事故を起こして他人様を死傷させた時に、十分な保険の補償がない事は、車を運転する者として絶対に避けなくてはなりません。
私は自動車保険には詳しくないので、安心して車を運転するために、保険加入時に代理店営業マンに私の気持ちを伝え保険内容を決めました。

 無制限 
我が家では、ネットから安い自動車保険に加入しています。
それで「対人賠償」の保険内容は、自動車事故で歩行者や相手の車に乗っている人など他人を死傷させてしまった場合の補償で、自賠責保険で足りない部分の保険金が支払われます。
賠償金額は、実際いくらくらいかかるのか全く見当が付きません。
しかし、数千万から億単位の賠償責任を負ってしまったら、個人ではとても対応しきれません。
また、自動車事故では複数の人に被害を与えてしまう事もあると思いますので、無制限に設定しています。
保険料は節約したいですが、対人の補償だけはしっかりしたいです。

 無制限 
「人の命に値段なんてつけられない。」
と言うのが大きな理由です。
車一台と事故をして、死亡するのが運転手だけとは限りません。
同乗者全員が死亡、もしくは大きな怪我をする場合がありますし、治る期限見込があるような怪我ばかりではありません。
何十年も、病院に通い続けなければならないような怪我をされてしまうかもしれません。
車が何台も絡むような、大きな事故を引き起こしてしまうかもしれません。
衝突相手が車の同乗者だけではなく、歩行者も巻き添えにしてしまうような事故を起こしたり、店舗や自宅に突っ込んで何人も怪我させたり、死亡させたりしてしまうかもしれないので。

 無制限 
個人的に、対人賠償が無制限でないと言う選択は考えられません。
もし、自分の過失で相手の方が亡くなってしまった場合や一生残る障害を与えてしまった場合、せめて必要なお金位は用意するのが当たり前だと思います。
相手方やその家族に想像もできない負担を強いるのに、お金すら払えない可能性はゼロにしたいです。
また、自分自身や家族の今後の人生や生活を守るためにも、対人賠償は無制限にしておかないと心配で、車の運転自体できません。
もちろん保険料はかかりますし、実際にお世話になる可能性は低いですが、車の運転を続ける間はずっと無制限にします。


条件別の自動車保険料

年代別の自動車保険料

損保別の自動車保険料

自動車保険の口コミ評判

自動車保険関連アンケート

自動車保険関連体験談

投稿フォーム

当サイトについて


Top

Copyright 2019 CAR-JPN. All Rights Reserved.