自動車保険比較ランキング

自動車保険の車両保険に加入する?

自動車保険ユーザーに車両保険の加入についてアンケートを致しました。自動車保険を選ぶ際に参考にしてみて下さい。また、その他の自動車保険に関連したアンケートも掲載しております。


 その時の状況 
私は今まで車両保険には加入した事がありません。
今まで4台の車に乗り継ぎましたが、いずれも家族からのお下がりや、中古で購入した物だったため、車両保険をかけるのもお金が無駄な気がして、かけた事がありません。
それに私自身も、整備士の仕事をしていたため、ちょっと壊れたこすったぐらいなら、自分でなんとかできるので、必要がないかと思っています。
これから先も、もし中古車ばかりであれば、車両保険はかけないと思います。
もし、何かの間違いで新車に乗れる機会があれば、おそらく加入を前向きに検討する事と思います。

 必ず加入する 
車両保険には必ず入るようにしています。
車が盗難にあった場合や事故で大破してしまった場合など、万が一、車の買い替えが必要になった時でも、車両保険に入っていれば、ある程度のお金が下りるので安心です。
それを元手に、新しい車を購入する事ができるからです。
以前家族が自損事故を起こし、車が大破してしまった事がありました。
車両保険に入っていましたが、まだ新しい車だった事もあり満額に近い保険金が出たのです。
そのお金で、新しい車を購入できたので、非常に助かりました。
万が一に備えて、車両保険には入っておくべきだと思います。

 その時の状況 
これまで自分の自動車を3台、妻の自動車を2台乗り継いで来ました。
その内、自分も妻のも、年式が新しい最初の数年だけを、どちらも車両保険に加入しました。
車両の価額の目安は、100万円以上の時は「車両保険あり」
それより年式が古くなってきて、概ね80万円程度になってきた頃には「車両保険を外す」
と言う形が多かったように思います。
そうすると、長年乗っている内に、大体車両保険を外すようになり、車の購入金額の安い中古車の時も、最初から付けないと言う判断に落ち着くようになってきました。
現在は、車両保険あり1台、車両保険なし1台を保有しています。

 必ず加入する 
以前は、
「ぶつけるかどうかは自己責任。人に迷惑をかけた時だけ、保険が下りてくれれば良い。」
との考え方だったので、車両保険は全くかけていませんでした。
しかし、自分の不注意で車をバックさせた時に勢い良く電柱にぶつかって、リヤガラスは粉々、後ろのライトからドアまで全部交換する必要がある程の、自損事故を起こしてしまいました。
修理代は約50万円。
泣く泣く手出ししました。
修理屋さんでは、
「怪我がなくて良かったよ。」
と声をかけてもらいましたが、とにかく恥ずかしくてみじめでした。
それ以来、車両保険は必ずかけるようにしています。

 必ず加入する 
36歳女性です。
20代の頃はよく事故を起こしていたので、車両保険に入らないなんて考えられません。
昔、起こした事故の中には、車を購入して1ヶ月後に交通事故を起こして廃車になった物もあります。
自分の不注意で雪道でスリップし、反対斜線から来た車にぶつけてしまいました。
車両保険に入っていたので、自分にも70万程出ました。
そのお金でなんとか、中古の軽自動車を購入してしのぎました。
車がないと不便な田舎に住んでおり、通勤も車だったので、車両保険に入っておいて本当に助かりました。
30代になってからは事故は起こしていませんが、もしもの事を考えると車両保険に入らないなんて考えられません。

 その時の状況 
新車にて購入の場合は、新車から5年間は加入します。
新車の際は傷がなく綺麗ですので、何かあった場合の修理費もかさむ事から、新車の場合は購入年度から加入をします。
しかし、中古車で購入した場合や新車購入から5年を過ぎた場合は加入をしません。
一つには中古の場合、すでに多少の傷があるため、保険適用の範囲があいまいである事。
新車購入5年を過ぎた車体も同じように、小さな傷は多少できてしまってる事。
また、その車に対しての運転が慣れた事もありますので、自損事故の確率が低い事から、5年を過ぎたら保険を外しています。

 必ず加入する 
自身、家族での車所有期間と車両保険の加入期間が一致します。
400ccの二輪車でも加入していました。
理由は、もしものためです。
誰しも若い時ほど自分は事故を絶対起こさない、毎年の保険料を安くしたいと思う物だとは思います。
それでも、毎日どこかの誰かが事故に遭い事故を起こしている訳です。
新車ほど、加入するべきだと思います。
自分が大事に運転していても、貰う事さえあるからです。
過失割合や等級のダウンを考えて、使用しない場合もありますが、
「使わないで済んでラッキー!」
だったと思うべきです。

 必ず加入する 
私は岩手県に住んでいます。
岩手県は車が無いと生活ができない地域です。
ですから、車は生活必需品となります。
毎日、車を運転すると言う事は、事故に遭うと言う確率も高いと言う事になります。
車は動いてなんぼですから、車両保険に加入して、万が一も場合には車が修理できる様な状況を取っておかないと大変です。
併せて、レンタカーの補償も付けています。
車の修理にも日数がかかります。
場合によっては、買い替えを迫られる場合もありますので、これらの車両保険は重要な役割を果たしています。
一方、たまにしか車を運転されない方は、車両保険の部分の検討はさまざまかと思います。

 その時の状況 
私は、新車や新古車で車を買い替えた時は、車両保険に入っています。
なぜなら、車自体の価値がまだあるので、車を買い替えるくらいの値段の保険料がおりるからです。
新車で買っても、自分の不注意ではなく他人にぶつけられたりして、廃車になってしまう事もあるので、その時のために一応入っています。
お互いが動いていたら、過失割合が変わってくる時もあるので、入っていた方が安心です。
現在は想像を超える震災がいつ起きるか分からないので、その時に壊れた時も保険料がおりる事も魅力です。
しかし、私は長く同じ車に乗り続けるため、もう車自体が古くなって値段がつかなくなったら、車両保険は外しています。
買い替えのための資金として、
「少しでも回せれれば良いなぁ〜」
と考えています。

 必ず加入する 
今は通販型の安い自動車保険が流行っているようですが、私は安心料も込めて代理店で加入しています。
車両保険ですが、私だったら加入します。
さすがに年数が経つと資産価値が下がりますので、5年経過した頃にはどうしようかいつも迷うのですが、結局更新してしまいます。
何時、何があるか分かりませんし、自損した時に、
「やっぱり入っていれば良かった〜!」
と後悔したくないと思っています。
万が一、自損で新しい車を買う事になってもキャッシュを準備する余裕もありませんし、車両保険を付けても保険料がとんでもなく高くなる訳でもないので、掛け捨てにはなりますがお得だと思うようにしています。

 加入しない 
今まで2台の車に乗りましたが、一度も車両保険を付けた事はありません。
中古車で新車に比べて比較的安く車を購入したので、車両保険を付けても保険料が高くなって、あまりメリットがないかなと思ったからです。
傷や凹みくらいだったら車用の積み立てをしておけばで修理できるし、あまりにひどい事故だったら、車自体を買い替えた方が良いと言う考えです。
一度、自宅の塀に自分でぶつけて修理した事がありますが、そんなに費用は掛からなかったです。
少額の修理だったら、保険手続きの方がわずらわしいと感じてしまいます。
新車で時価総額が高い車に乗る場合は付けるかもしれませんが、中古車を購入する人にとっては必ずしも必要な物だとは思いません。

 その時の状況 
新車購入時や家族共用車を未熟な家族が運転する場合は、自損事故が起きた場合などに備えて、車両保険は加入した方が良いと思います。
また、中古でも国内外の高級車を乗る場合は、パーツ代も高額であり、破損の程度が大きいと出費がかさむので、加入しておいた方が良い思います。
ただし、これは事故を起こした車を修理して乗り続ける場合に限られる話です。
金銭的に余裕がある人や、購入価格が安い中古車などの場合は、車両保険に加入しない方が良い場合もあります。
例えば軽微な物であれば、自費で修理したり、状況によっては車を買い替えた方が良い場合もあり、車両保険の方がかえって割高になってしまう事があるからです。
これらの点を踏まえた上で現状を照らし合わせ、車両保険の加入の有無は決める事が大事だと思います。

 必ず加入する 
保険料が上がってしまうのは仕方ないけれど、車両保険は加入するようにしています。
車の修理が必要になるのは相手がいる交通事故だけではなく、単独事故や当て逃げ、いたずらも日常的に起こりうる事故だと思います。
また、防ぎようのない地震や大雨大雪などの天災のニュースで、車が水没したりつ潰れたりする映像を見て、
「この車もう乗れないな。」
とか、
「修理代いくらかかるんだろう?」
と思った事もあり、自分の車が同じようになったらどうしようと考えてしまいました。
どんなに気を付けていても、その様な被害に遭わないと言う補償はないし、修理代が高額になる可能性も大きいので、車両保険も一般条件で加入しておいた方が安心だと思います。

 その時の状況 
私は事故を起こして、修理を伴う場合にいくらかかるか分からない急な出費に備えて、車両保険に加入する事を基本としています。
自分1人での事故はもちろん、相手がある場合でも事故の割合によって自己負担が発生するからです。
そんな時に加入していると助かります。
しかし、それは新車購入時や車両本体がまだ高額な中古車を購入した場合です。
年式が古くなってきたり、安い中古車購入の場合は、車両保険で降りてくる金額が少なくなってきます。
また、保険を使う事で、等級が逆戻りして保険料が高くなります。
購入した車の状態やその時の状況によっては、加入しない事も考えます。

 加入しない 
車両保険が付いているのと付いていないのでは、車種にもよりますが保険料にかなりの違いが出てきます。
平穏無事に過ごしているのに、返ってもこない高い保険料を払うのかと考えると我が家はNOです。
確かに、出費のかさむ修理が必要になった時は痛手ですが、それは一時の事です。
とりあえず、万が一の相手への対人対物補償がしっかりしていれば、乗り切れない事はありません。
自分の処理は、後回しでもどうにかなります。
また、車両保険は小さな破損などにも対応していますが、いざその時に保険を使ってまで直すほどではない事もあります。
総合的に考えて加入しません。

 必ず加入する 
乗っているのも中古車なので、保険料が上がるのが嫌で、今までは車両保険には加入していませんでした。
ですがこの間、自動車の盗難に遭いました。
駐車場に停めていて、乗ろうと思って駐車場に行くと車がありませんでした。
被害届は出したものの、まだ車は出てきていません。
恐らく、もう海外で売られたり、部品取りに使われたと思います。
この一件があって、車両保険に入っておらずとても後悔しました。
新しく車を購入しましたが、きちんと車両保険に加入し盗難にも対応できる物にしました。
車内の物に対する特約も付けました。
事故の時のためと言うより、盗難された時のために加入しています。


Copyright 2019 Car-Jpn. All Rights Reserved.