自動車保険比較ランキング

車両保険なしの年間の保険料は?

ユーザーの車両保険なしの年間の保険料

1万円台
今まで任意保険は担当者に任せきりで、補償内容もあまり把握しないまま更新していました。
自動車保険一括見積もりサイトがあるのを知り、各損保会社の見積もりを取りました。
すると今までの保険料と比べ、3千円〜8千円も安いと分かりました。
それから補償内容を勉強し、自分に必要な補償にしぼって各社の自動車保険を比較しました。
その他、ネット割引や早期契約割引、証券無し割引などを使って、今までの保険料より約7千円安い保険料で済みました。
今も代理店の担当者に任せきりの方は、
「一度ダイレクト自動車保険で見積もりを取って見てはどうですか?」
自分の必要な補償だけで必ず安く済むと思います。

自動車保険一括見積もり

3万円台
免許を取得して8年経ちます。
運転も慣れてきた頃なので、車両保険なしの保険プランに変更しました。
車両保険は自損などにも対応出来るため、念のために入っておいた方が良いのは十分分かってはいるのですが、事故がないのに入っていても無駄になるなと思いました。
車両保険は高いと思います。
毎年の事なので保険料が安い方が良いです。
駐車場などで少し擦ってしまう事もたまにはあるのですが、使う機会があまりないです。
ですが車両保険で安い所や、対応のよくてお得な保険会社があれば、入っておいても良いかなと思います。
ネットから契約すると、人件費がかからず安くなるのかなと思います。

5万円台
車両保険をつけるかつけないかすごく迷いました。
しかし車に乗る機会が少ないのと、車両保険を付けても保険を使うと等級が下がってしまい保険料が上がる事を考えると必要ないのではと思い、車両保険なしにしました。
有ると無いとでは年間2万円以上も変わってきます。
色々な保険会社から見積もりをしてもらいましたが、補償が薄いなど保険料が安すぎても不安な面があったので、補償が手厚くてなおかつ保険料も満足いく所に決めました。
年払いにしていますが、月額にすると4千円位です。
家計にも負担が少なく助かっています。

1万円台
現在の保険料は1万円台で、複数見積もりやネット割引など合わせ、一番安い自動車保険に切り替えている。
基本的には自分の起こした事故では車は諦める覚悟で、相手に対する補償や同乗者に対する保険と考えて加入している。
無謀な運転車がたまに居るが、出来るだけ巻き込まれない様に気を付けて入れば、そんなに大きな事故にはならないと思っており、また昔ほどは車に執着しなくなってきた事もあり保険は最低限入っていれば良いと思う。
毎日長距離乗る事も無くなり、通勤は自転車に切り替えたため、事故の確率も下がったと思う。

自動車保険一括見積もり

2万円台
35歳、15等級でブルー免許ですが、弁護士特約を付けて約2万8千円でチューリッヒへ加入しています。
他の保険会社ですと、知り合いの保険会社の見積もりで4万3千円程度、ネット保険ですと3万5千円位が平均でした。
チューリッヒだけが、3万円を切って提示してきたので契約をしています。
車両保険自体は中古で古い車と言う事もあり、付けていてもあまり有利に働かないと感じているので付けていません。
もっと安くなれば良いなとは思いますが、価格としては満足しています。
後は何かあった時の対応が良ければ良いなと思っています。

3万円台
車両保険なしで3万円台です。
以前は車両保険なしで4万円程でしたが、少し安くなったので切り替えました。
自分の車両を保険を使って直すと、次回からの保険料が上がってしまったりするので付けていません。
ゴールド免許や年齢制限などを活用し安く抑えていると思っています。
自損した時には知り合いの修理工場などで安く修理してもらいます。
万が一に保険料をかけるより、いざと言う時に費用負担をする方が諦めがつきます。
とは言え大きな自損事故で廃車になっては困るので、事故を起こさないよう願う日々です。

1万円台
車両保険なしの年間の保険料は1万8千円位で、かなり安く自動車保険に加入出来て良いと思っています。
ただその分、事故を起こした時の不安はあります。
でも、車両保険に入らなくても良いと思って車両保険は外しました。
確かに事故を起こしてしまった時に、自分の車の修理費用を自己負担しないといけないと言うリスクはあります。
ですが車両保険に入っているのと入っていないとでは保険料が全然違うので、多少のリスクは負ってでも自動車保険は安くした方が良いと思っています。
万が一事故を起こしてしまった時は、自分の車は修理しないでおこうと思っています。

5万円台
新車で購入した年は車両保険にも入っていたのですが、保険料が高かったので車両保険は外しました。
また、安く抑えるために年齢制限や乗る人を特定して価格を抑えています。
たとえば30代以上しか運転しないとか、夫婦しか運転しないと設定すれば保険料を抑えられます。
後、免許証がゴールドでも割引になりました。
色んな保険があって迷いますが、自分達に合う物をしっかり探して決めた方が良いと思います。
何かあってからでは遅いので保険は大切です。
自爆した時は自分のせいなので諦めていますが、余裕があれば車両保険にも入っていても良いかもしれません。

2万円台
私は以前は車両保険に入っていました。
しかし車もだいぶ古くなり、乗る頻度も週末のみであるし、少ない時は乗らない週末もあるので、思いきって車両保険を外し、万が一の分は保険料をかけたつもりで貯金する事にしました。
その方が掛け捨てにはなりませんので、良いかなと思いました。
もし私の車が高級車で、なおかつ新車であれば必ず一般車両を付けると思います。
「車両保険を外した途端に事故に遭うんだよ。」
と友達に脅されましたが、現在の所、無事故で済んでいます。
車両保険はお守りの様にきちんとかけている人は、きちんとした方が多いので、事故は少ない様に思います。

3万円台
車を保有して2年になります。
通販型自動車保険に加入しています。
車は中古車13年経過した物なので、車両保険には加入していません。
対人対物賠償は自動的に無制限、念のために弁護士費用特約に加入しています。
同居の子供以外は乗れるプランにしています。
まだ等級が低いので、その分保険料が高いですが、これから下がってくるかと思われます。
今の所、こちらの保険で満足しています。

6万円台
車両が10年を超えて使用している物なので、車両保険なしで契約をしています。
26歳以上の年齢で運転可能な条件にしており、また対人対物賠償は無制限で補償される物を使用しています。
また、自家用車のみでなく、他の自動車に搭乗中や歩行中の事故も人身傷害の対象に含めています。
元々両親が加入していた保険なので自分で調べた訳ではありませんが、万が一に備えたら十分な補償内容となっています。
でも出来れば保険料をもう少し下げる事が出来たら家計への負担もなくなるので、時間がある時に新しく検討したいと思っています。

3万円台
中古車で年式も古く、値段もそれほど高い車ではないので、車両保険はいらないと思いました。
同じ様な車を買い替えるなら預貯金でなんとかなりますし、車両保険を付ける事によって毎月数千円高くなる割には、全損の場合でも納得のいく様な金額がおりてこないためです。
それよりも事故をした時の入通院などの補償を手厚くしたり、怪我や仕事が出来ない間の生活の事を重視したり、運転者の年齢制限を無制限にしたりと補償内容を濃い物にしました。
車は買えば良いけれど、怪我はしっかり治さなければいけませんし、その間の生活も安心して治療に専念出来る環境で、お金の心配をする事のない様にしたかったからです。

2万円台
車を購入してからずっと車両保険なしです。
対人対物賠償などの基本補償はきっちりかけています。
時々保険会社から車両保険も付けてみませんかと案内がありますが、車両保険を付けたとたんにびっくりするほど保険料が跳ね上がってしまうんですね。
その分を積み立てていったら、軽微な修理は自分でまかなえてしまう気がします。
せっかく車両保険に入っても、等級が下がるのを気にして保険を使わず自費で直すと言うのもよく聞く話ですが、本末転倒でもったいないなと思います。
ピカピカの新車を購入して車が大事でしょうがないと言う人には良いかと思いますが、うちは中古車ですでにあちこちぶつけて小さな傷だらけなので、今後も最低限の補償で良いかなと考えています。

4万円台
複数の自動車保険を比較してみると、補償内容を同じにしても年間の保険料にかなり差が出る様です。
大きい会社だから、あるいは小さい会社だから安い高いと言う法則も無い様な気がします。
加入者の私たちはいくらでも安い所を選びたいのですが、果たして一番安い自動車保険にしていざ事故が起きた時に、的確にスピーディーにかつ丁寧に対応してくれるか不安にもなります。
ですから最後は自分で判断出来ず知り合いのつてや、たまたま機会があって勧められた保険会社などと受け身で契約してしまいます。
もっと比較しなければと思うのですが、面倒そうだし、具体的な比較のしかたも分からないので実行出来ずにいます。

3万円台
車の保険料はイザと言う時のための大切な備えだと思います。
ですから単に保険料が安いかどうかだけではなく、事故の際の対応はどうか、ロードサービスは付いているかなど契約内容をしっかり確認する事が大切だと思います。
意外と見落としやすい点として保険料が安い所はよく見ると、対物補償の上限が低かったりする場合があります。
人身事故に比べて物損事故は軽視されがちですが、事故の多さを考えると、この事もしっかり考えておく事が大切だと思います。
一方で様々な事故対応についてオプションが多数用意されている場合がありますが、必要なのかどうかを十分見極める事も大切だと思います。

自動車保険一括見積もり






Copyright 2018 自動車保険比較ランキング. All Rights Reserved.