自動車保険比較ランキング

自動車保険を選ぶ際に何を一番重視する?

ユーザーの自動車保険を選ぶ考え

 保険料の値段 
本当は保険の内容を重視すべき所ですが、車は1人1台の山梨県。
家計への負担が重くのしかかるため、保険料の値段の安さは必須条件です。
かと言って乗る頻度が高いため、事故を起こす確率も上がりますので、万が一にも備えなくてはなりません。
対人対物は無制限、ロードサービスなども吟味して、大体2,3社に見積もりを依頼します。
同条件やプラスαしても安くなったりする事があります。
年齢制限やゴールド免許など細かい事ですが、少しでも安くなるならと確認をしています。

 事故時の対応 
初めて入った時はそうそう事故なんて起きないだろうと思って価格を重視していましたが、自分が原因の物と相手が原因の物の両方を経験したので、事故は起こる物なんだと認識を改めました。
起こった時はとにかく凄く動揺するので、しっかりとした対応をしてもらえるのは、とても有難かったです。
それ以来、事故時の対応がスムーズに行える事を重視する様になりました。
幸い大きな事故は起こしていませんし、あまりスピードは出さないので、補償内容については今のままで十分だと感じています。
会社の評判、付帯サービスについてはあまり考えた事がありませんでした。

 保険料の値段 
36歳主婦です。
一番重視するのは値段ですね。
補償内容は自分に合った物を選べば良いだけですし、数社を比較してもあまり違いがあるようには思いませんでした。
事故対応も、各社でたいして差がないのも経験上知っています。
評判も気にはなりますが、自分がどう感じるかが大事ですからね。
車が無いと不便な地域に住んでいるので、2台持ちですし、子どもは小さくまだまだお金が掛かります。
「少しでも節約したい!」
これが主婦の一番の願いでもあり、悩みでもあります。
自動車保険はできるだけ節約できる物を選ぶ事が、これからは当たり前の世の中だと思います。

 保険料の値段 
私はドライバー歴17年。
自分で言うのもおかしいのですが、性格的にも慎重な方なので、運転もいつも安全運転を心がており、無事故無違反でゴールド免許を維持し続けている、いわゆる優良ドライバーです。
そんな私ですので、この17年の間、自身で起こした事故は一度もありません。
私にとって自動車保険は一種のお守りの様な役割。
基本無茶運転もしませんし、事故を起こさないように細心の注意を払っていますが、それでも何かのはずみに事故を起こしてしまった際にスムーズに対処するための物として、自動車保険を考えています。
我が家には車を2台所有していますし、事故をしなければ掛け捨てのようになってしまう自動車保険ですので、安く済ませたいのが私の本音。
そのため、最低限の補償を揃えた安い自動車保険を選んでいます。

 保険料の値段 
通販型自動車保険が流通する前はディーラーで保険に加入していましたが、年間の維持費が厳しくなるにつれて、また掛け捨ての保険なので非常にもったいないと考え、自動車保険一括見積もりサイトにて条件を入力し、自動車保険を比較した結果、現在の自動車保険を利用する事にしました。
補償内容が全く同じ条件で一度に数社比較できるので、自分に合う保険が探しやすくとても満足しています。
現在利用している自動車保険は、以前ディーラーでかけていた保険より年間約2万円ほど安くなりました。
実際事故を起こしたり、またロードサービス等も利用していないので対応についてはコメントできませんが、価格の上ではとても満足しています。

 事故時の対応 
誰でも事故に遭遇すればパニックになります。
私もパニックに陥りやすい方なので、起こす場合も起こされる場合も冷静なアドバイスを受ける事ができたら、不安は少しでも解消できると思います。
保険料などは高ければ高いなりのサービスがおのずと付いてくると思いますので、重視するよりはその時点の自分に見合った金額を設定するので、対応はやはり一番重視したいです。
どの職業もサービス業に変わりないので、きちんとした対応をしてくれる保険会社とは長いお付き合いができると思います。
実際、私は事故を起こされた側の人間ですが、相手方の保険会社の方がお詫びに来られた際は、マニュアルに沿った冷たい対応でした。

 事故時の対応 
私は自動車保険の大手企業の損害保険に加入しております。
加入した動機は、最初に車を購入した中古車を扱うディーラーで、特に選択肢もなく加入したからです。
テレビCMではあまり宣伝していない会社ですが、最も有名で大手と言える損保会社であります。
CMで宣伝している会社はいくつもありますが、安い分だけ事故があった時の対応が不十分ではないかと言うのがあります。
実際に事故を起こした事がありますが、事故の報告をした際には相手方と交渉してもらえて交渉経過を遂次知らせてくれるので、ストレスもかかりません。
事故対応の良い会社が一番だと思います。

 補償の内容 
保険で重視するのは、やはり補償の内容です。
せっかく入っていても役にたたなければ意味がありません。
ただ、十分な補償を求めれば保険料が高くなります。
そこで補償でも、まず重視するのが対人対物補償です。
自動車事故は思いがけない事で他者を傷つけてしまう事があります。
その時に十分な補償がなければ、相手にとっても自身にとっても不幸です。
次は同乗者の補償です。
若い頃にいとこが友人の運転する車に同乗していて、自損事故で亡くなった経験があります。
その時の補償がどうなっていたか詳しくは知りませんが、叔父や叔母の嘆きは見ています。
なるべく家族以外は乗せないようにしていますが、それでも仕方ない事があるので補償があれば少しは安心です。

 事故時の対応 
自動車保険に加入している理由は、万が一交通事故を起こしてしまった時、プロに対応してもらいたいからです。
ですから、事故の時にいかに対応してくれるかが重要となります。
交通事故の場合、その時は当人同士で話し合い納得しても、後から保険会社を通す段階になると、双方の言い分に食い違いが出てくる事が多々あります。
自分は車を停止していたにもかかわらず、相手が有利にしたいがために、
「動いていた!」
と言ってくる事もあり、こうした局面になった時に相手のペースに巻き込まれる事なく、あらゆる事故に対応できる様なスタッフがいる事が大切です。
また、事故対応がどのように進んでいるかを、加入者にお知らせしてくれる所が良いです。

 事故時の対応 
一番重視しているのは、事故時の対応と事故後の後処理です。
単独で事故を起こした時であれば自分で何とかする事ができるかもしれませんが、相手にケガを負わせたりちょっと面倒な相手に当たるととても苦労します。
私が経験した事故はお互いにケガは無かったのですが、相手にちょっと問題がある方とあたってしまいました。
車の修理などは保険で賄えるんですが、
「ショックで精神的に仕事に行けないから、その分の補償を。」
などと無理な請求をされてしまいました。
結局は保険屋さんが間に入るので、私自身迷惑を被る事は無かったのですが、その時思った事は、
「保険料がちょっと位高くても、事故後の対応がきちんとできる保険が良い。」
と言う事でした。

 補償の内容 
一番重視するのは補償の内容ですね。
「金額が安くても!」
「事故の対応が良くても!」
「会社の評判が良くても!」
「付帯サービスが良くても!」
「補償が充実していないと、意味が無いのでは?」
と思います。
念のための保険ですし、補償内容が乏しい物だとせっかく保険に加入していても実際使いたい時に使えなかったり、大した補償もないのに保険を使った事により翌年からの保険料が上がってしまったりと、全く良い事はないと思います。
安いのも確かに魅力的です。
若い世代、子育て世代などは特に出費を抑えたいと思いますので・・・。
でも、安かろう悪かろうではいくら安くても無駄使いになります。
車の事故は小さい物から大きな物があるかとは思いますが、不慮の事故によって引き起こされた悲しみなど軽減するためにも、補償のしっかりした保険に入った方が良いと思います。

 保険料の値段 
私が自動車保険を選ぶ時に一番重視するのは、やばり保険料の値段です。
理由は自家用車に乗る頻度が1ヶ月に3回程度しか乗らないので、高い保険を選ぶと非常に損をする気分になるからです。
値段の安い自動車保険でも、補償内容には満足してますし、オプションで補償内容も充実させる事ができるので、今は最低限の補償にしています。
契約期間中に車のバッテリー上がりや、動かなくなるトラブルが起こりましたが、値段が安い自動車保険でも誠実で丁寧な電話対応をして頂きましたし、整備の方も親切で頼りになりました。
一番安いプランで契約していたのですが、レッカー移動の際に、トラブル地点からの交通費も補償対象だったのには驚きました。
以上の理由で、私は値段で決めています。

 会社の評判 
損保会社がしっかりしていないと、事故を起こした時、しっかり対応してもらえない。
お金ばかりを気にして、結局安物買いの銭失いになってしまうと意味がないので、しっかりと対応してくれる損保会社を選ぶようにしている。
実際に過去加入していた損保会社は、事故対応に時間がかかりすぎると感じていた。
口コミを見ても同じように感じている人が多く、
「やっぱりそうなんだ!」
と思った。
ショッピングモールの駐車場で事故を起こして、保険会社に対応をお願いしたが、長い間何の連絡もなかった。
「こちらから、どうなってますか?」
と問い合わせた所、
「早く蹴りを付けますね。」
と言われ、それから程なく解決と言う流れだった。
問い合わせをしなかったら、もっと時間かかってたかもしれない。

 補償の内容 
任意保険と言えば保険料も気にはなる所ですが、元々この保険は事後を起こした時に相手への治療費などを払ってもらえるようにする物なので、一番はやっぱり補償の内容になります。
私自身、自動車に乗っていて歩行者と事故を起こした時があります。
大事には至らなかったですが、その際、
「入っていて良かった。」
と思ったのは、
「相手の過失分も、おおよそ保険で支払います。」
と言う特約でした。
車と歩行者の事故である以上、運転手の過失は大きいです。
また、この時は私が歩行者を見逃がしていました。
そのためいくら歩道がなかったので歩行者にも過失があると言われても、こちらとしては申し訳なかったのです。
ですので経験上一番は補償の内容です。

 事故時の対応 
自動車保険は保険料も大事ですが、事故対応が最も大事だと思います。
万が一の事故で対応が悪いと、そもそも保険に入っている意味がありません。
一般に通販型は事故対応が悪いと聞きます。
しかし、私が入っている自動車保険は通販型ですが、昨年事故を起こした際の対応が素早かったので好印象です。
専任の担当者が付き、解決まで親身になって対応してくれました。
大手の保険会社にはさすがに及びませんが、私はそこまで手厚い対応は必要ないと思っています。
安心と相手への補償にために入る保険ですから、求める対応と価格のバランスを考える事が大切だと思います。







Copyright 2018 自動車保険比較ランキング. All Rights Reserved.