自動車保険比較ランキング

AIG損保|ユーザーの自動車保険料

AIG損保|ユーザーの自動車保険料
28,980円/年 AIG損保 40代男性
車両保険:なし ミラ/H18年車 約1万km
20等級 家族限定特約 35歳以上補償
対人賠償:無制限 対物賠償:無制限 人身傷害:3千万円

男性40代
会社の団体保険で加入しており、安いと思う。特約を含め1度も使った事がないので、補償内容や事故対応などのコメントはない。特約を充実させれば更に心強い。毎年更新で、少しだが保険料が上がるのは納得出来ない。(2018年掲載)





53,400円/年 AIG損保 40代女性
車両保険:一般型 デイズルークス/H29年車 約5千km
20等級 本人・配偶者限定 35歳以上補償
対人賠償:無制限 対物賠償:無制限 人身傷害:5千万円

女性40代
こちらのAIG損保(旧富士火災)には、初めて車を購入した時からお世話になっております。この保険では去年車を買い換えたばかりなので、新たに車両保険も付けたため以前より高くなりました。ネット保険の自動車保険が安いのも知っていましたが、やはり事故を起こした場合に顔見知りの保険屋さんが来てくれるのは心強いので、保険会社は変えませんでした。毎年更新の時期になると、色々情報などを教えてくれて大変親切です。事故を起こした際にも直ぐに来てもらえ、もらい事故でこちらの保険を使わない場合でも、相談に乗ってくれるので、大変助かっています。(2018年掲載)





73,800円/年 AIG損保 40代男性
車両保険:一般型 ステップワゴン/H28年車 約12千km
20等級 本人・配偶者限定 35歳以上補償
対人賠償:無制限 対物賠償:無制限 人身傷害:5千万円

男性40代
まず保険会社が合併し、富士火災からAIG損保に保険会社が変更になりました。ただ契約は旧富士火災で契約されたものであるため、補償内容は旧富士火災での内容が引き継がれています。次回更新時にはAIG損保との契約になるため、条件面については少し不安があります。3年前に事故を起こし(起こされ。※信号無視者に衝突されました。)、その際役に立った補償特約として「車両保険無過失事故特約」があります。この事故は、信号無視者が起こした事故であったため、私の過失は当然「ゼロ」でした。その事故処理で多額の保険を使う事になりましたが、次年度の等級に変更はありませんでした。保険のありがたみを感じました。(2018年掲載)





33,500円/年 AIG損保 40代男性
車両保険:なし ウィッシュ/H16年車 約1万km
20等級 本人・配偶者限定 35歳以上補償
対人賠償:無制限 対物賠償:無制限 人身傷害:3千万円

男性40代
お陰様で、事故を起こす事も巻き込まれる事も一度もありません。20等級、ゴールド免許での契約を何年も続けさせて頂いております。また、これ以上金額が大きく変わる事もないのかなと思います。現在、息子が高校3年生で、間も無く免許が取得できる年齢となります。現在は35歳以上の年齢条件となっていますので、恐らく大学に入ってからの事になると思いますが、息子が免許を取得したら、改めて見積もりやサービス内容、信頼度などを比較検討したいと考えています。(2018年掲載)





73,800円/年 AIG損保 30代男性
車両保険:一般型 シエンタ/H22年車 約1万km
11等級 本人・配偶者限定 35歳以上補償
対人賠償:無制限 対物賠償:無制限 人身傷害:5千万円

男性30代
補償内容には不満はありませんが、もう少し安くならないかとは思います。TVCM等を見ると、非常に安く聞こえるため、自分の保険は高いのではと感じています。家には車が2台あり、こちらの車は主に妻が使用するため、自分がメインで使う車よりもどうしても心配なので、手厚い補償内容となってしまいますが、安くならないかと言うような悩みもあります。あまり他の人と自動車保険の内容について話す事はないので、一般的には保険料等をどの程度支払っているのか、またどのぐらいの補償内容で契約しているのかを、聞いてみたい気持ちもあります。また補償内容も実際100%把握していないので、代理店と改めて内容一つ一つについて確認をしてみたいと思っています。(2018年掲載)







Copyright 2018 自動車保険比較ランキング. All Rights Reserved.