自動車保険比較ランキング
おすすめ自動車保険 一番安い自動車保険 通販型自動車保険 自動車保険見積もり
自動車保険TOP > 安い自動車保険

自動車保険一括見積もり|安い順でランキング

自動車保険一括見積もり|ユーザーにアンケート
安い順 損保会社 見積金額

1位

イーデザイン損保 33,880円

2位

SBI損保 34,520円

3位

アクサダイレクト 35,370円

4位

チューリッヒ 35,390円

5位

三井ダイレクト 38,010円

6位

セゾン自動車 38,420円

7位

ソニー損保 43,580円
インズウェブ

男性60代
60歳の男性で、対象はH19年登録のトヨタRAV4です。
「20等級」
「対人対物無制限」
「人身5,000万、搭乗者1,000万」
「車両65万」
7月に更新した際に、見積もり結果に基づいてセゾン自動車からイーデザイン損保に変更しました。
これまでは、
「保険料が各社の中では2番目に安かった事。」
「WEBサイトで特約や補償内容ごとの保険料が細かく表示されていて好感が持てた事。」
から、セゾン損保のおとなの自動車保険を続けていましたが、今回保険料を一括見積もりサイトで見直すと、イーデザイン損保が最も安くなった事から同社に乗り換えました。
私の年齢が50代から60代へ変わった事、別居していた子供が同居する事になり運転者の範囲が変わった事が変化の要因と思われます。
おとなの自動車保険は60代になった今回割高となりました。
また、SBI損保は以前1番安かったですが、今回は2番目の結果になりました。(2018年掲載)





安い順 損保会社 見積金額

1位

SBI損保 45,160円

2位

アクサダイレクト 47,800円

3位

ソニー損保 48,500円

4位

チューリッヒ 49,100円

5位

三井ダイレクト 50,100円
価格.com自動車保険

男性50代
同一条件での見積もり価格だけではなく、各社のメリット・デメリットをトータルで見極める上で、とても良い機会となりました。
結果を元に各社のサイトを見る中で、具体的なサービスの内容が紹介がされている事から、より詳しく把握しておく事が出来ました。
予算に合わせたプラン内容の調整など、検討材料が増えて満足しています。
とても良いサービスだと思いました。(2018年掲載)





安い順 損保会社 見積金額

1位

セゾン自動車 22,400円

2位

アクサダイレクト 24,300円

3位

ソニー損保 25,800円

4位

イーデザイン損保 27,600円

5位

三井ダイレクト 27,800円
インズウェブ

女性40代
今回は親族から譲り受けた車に掛ける自動車保険の見積もりをしました。
一括で何社にも見積もりが取れ、一社ずつ見積もり依頼するより手間が省けて楽だし、比較しやすいし助かります。
保険会社によっては2〜3パターン見積もりを出してくれる所もあり、補償が厚いプランにするのか費用を抑えるプランにするかの選択もできて良かったです。
見積もり依頼をした後、
「手続きのしかたや、ご不明点はありませんか?」
と言ったメールをくれる保険会社が多く、代理店でなくても、とても相談しやすい印象を受けました。
今回はネットで一括見積もり依頼した保険会社と代理店の保険会社を比較した所、ネットで見積もりした保険会社の方が全然安く、補償内容も納得の行くプランがあったので、一括見積もりした中から一社選び契約しました。(2018年掲載)





安い順 損保会社 見積金額

1位

SBI損保 26,500円

2位

チューリッヒ 28,420円

3位

イーデザイン損保 30,220円

4位

セゾン自動車 33,370円

5位

三井ダイレクト 35,100円
価格.com自動車保険

男性30代
損保会社各社が同条件でも、金額に大きな差がある事に驚いた。
現在契約している損保会社よりも安い自動車保険がいくつかあるため、契約更新までの間に詳細を確認して検討をして行きたい。
補償内容もメインとなる項目以外にも、弁護士費用等などの特約も損保会社毎に特徴があるため、その部分を含めて検討して行きたい。
また、いざ事故が発生した時の対応スピードや受付時間、ロードサービス、スタッフの対応など、口コミを参考にして行きたい。
今回一括で回答があった損保会社以外でも、良い条件の損保会社があるかもしれないので、インターネットなどで探してみたい。(2018年掲載)





安い順 損保会社 見積金額

1位

SBI損保 26,360円

2位

アクサダイレクト 28,950円

3位

チューリッヒ 31,370円

4位

三井ダイレクト 36,910円

5位

イーデザイン損保 42,240円
インズウェブ

女性20代
自動車保険を契約するにあたって出来るだけ保険料を安く抑えたかったため、同時に複数の損保会社の見積もり金額を比較できる事は非常に参考になりました。
各会社の補償内容を吟味し、気に入った会社のプランを改めて変更する事により、保険料を予算内で調整できるのも良かったです。
今までは代理店の自動車保険に加入していたため、大分保険料が安く抑えられたのが、一番家計に優しいと感じました。
見積もり後に、各会社からDMメールが次々と届くのが少し面倒だとは思いました。
それでも自分にあった補償内容を考慮してくれているので、また次回契約を考える時に参考にしたいと思いました。 (2018年掲載)





安い順 損保会社 見積金額

1位

イーデザイン損保 33,740円

2位

SBI損保 36,100円

3位

ソニー損保 38,250円

4位

アクサダイレクト 41,300円

5位

チューリッヒ 45,810円

6位

三井ダイレクト 46,560円

7位

セコム損保 48,750円
価格.com自動車保険

男性40代
自動車保険の満期が近かったので、一括見積もりサイトを利用して複数の保険会社から見積もりを取りました。
私の周りでも自動車保険の見直しをしたおかげで、保険料が大幅に安くなったという人が多くいましたので、以前より私も自分の自動車保険料が適正なのか気になっていた所です。
実際にネットで見積もりの依頼をしましたけれど、割と簡単だったのが嬉しいですね。
見積もりを依頼して直ぐに、複数の保険会社よりメールで連絡がありました。
実際各社から見積もりが届き、保険料を見比べていると実に差があるものだなと思いました。
けれども、保険会社によって補償内容に違いがあるようです。
そのため、保険料は安いけれども補償内容の違いを踏まえて検討すると、何処の保険会社が良いのか判断が少し難しかったです。
結果、補償内容と保険料のバランスが取れているなと思った保険会社に私は切り替えました。(2018年掲載)





安い順 損保会社 見積金額

1位

SBI損保 27,780円

2位

チューリッヒ 28,960円

3位

三井ダイレクト 35,950円

4位

セゾン自動車 36,660円

5位

アクサダイレクト 37,990円
インズウェブ

男性30代
同じ条件でも、かなりばらつきのある見積もり結果となった。
一括見積サイトで入力出来る項目には限りがあり、各社条件が合致しない部分は近い部分に変更されて見積もりされる。
最近ではロードサービスが無料で付いてくる物もあるが、JAF会員になっているため、有料で良いので、その分保険料を安くしてほしい。
細かい条件部分は分かりづらい事も多い。
天災や当て逃げなど、車両保険で何処まで補償されるのかを、図入りで細かく解説している保険会社もあるので、分かりにくければそう言う所を参考にしてもいい。
ただし、他社も同じ条件であるとは限らないので注意!(2018年掲載)





安い順 損保会社 見積金額

1位

SBI損保 56,700円

2位

アクサダイレクト 57,800円

3位

チューリッヒ 60,470円

4位

セコム損保 67,800円

5位

三井ダイレクト 70,980円
価格.com自動車保険

女性30代
同一条件の元で自動車保険の一括見積もりをしましたが、結構金額に差がありました。
正直、数千円の差かな位に思っておりましたが、驚くばかりです。
ただ、現在の契約と比較すると、金額的に言えば安くなる事はありませんでした。
現状維持が最も理想的でした。
そのため、そのまま更新しました。
来年の更新時にも、また比較してみようと思います。 (2018年掲載)










Copyright 2018 Car-Jpn. All Rights Reserved.