自動車保険比較ランキング

自動車保険 > 対人賠償の契約内容は?


対人賠償保険の契約内容は?


総投票数:129
無制限124 (96.1%)
その他5 (3.8%)


無制限 その他

ハンドル名:
コメント:





掲載コメント

無制限
自動車保険の対人賠償は無制限にしています。
その理由は、無制限にしていないと不安だからです。
事故を起こしてしまった場合、自分だけでは解決できないと思います。
そんな時に保険に入っていれば保険からお金などいろいろなことをしてくれると思います。
もし、事故を起こしてしまった場合に相手方の保障のことなど、少しでも不安をなくすために対人賠償は無制限にしています。
また、会社の通勤に車を利用するので、会社の決まりで通勤に車を利用する場合は、対人賠償は無制限の保険に入らないと車で通勤できないことになっているので、必然的に対人賠償は無制限になります。
無制限
人身事故を起こしたことはありませんが、この先、絶対に事故を起こさないという保証はないので、いつも更新時は無制限を選択します。
交通事故件数が大体、日本一になってしまう愛知県に住んでいるし、自分がどれだけ気をつけていても、起きる時は起きてしまうし、反対に事故に巻き込まれることもあると思うからです。
それに万が一、人身事故を起こしてしまって、死亡事故になってしまった場合、自分は交通刑務所で、相手方の家族の生活を支えることはできないので、せめて生活に困らない金額の保険がおりればと思います。
死亡事故でなくとも後遺症のパターンも考えられますし、やはり対人であれば無制限が一番いいと考えます。
無制限
これは、無制限の対人賠償で、なければ怖くて車の運転などできません。
交通事故で死亡させたら1億なんて簡単にいってしまいます。
ホントに相手を死亡させたあとの処理で対人賠償が無制限は、当たり前だと思います。
無制限以外の保険に入るなんて恐ろしくて、考えられません。
老人が加害者になる自動車事故が最近多発してますが、2〜3人死亡させてしまう事もありますので、事故を起こす事じたい考えれませんが、自分の契約保険が保険内容で保険料の支払いができない事になるなんて考えられません。
対人賠償保険は、無制限にするのが当たり前だと普通に思います。
無制限
我が家では保険料の安いネット専用自動車保険に加入しています。
それで、「対人賠償」の保険内容は自動車事故で、歩行者や相手の車に乗っている人など、他人を死傷させてしまった場合の補償で、自賠責保険で足りない部分の保険金が支払われます。
賠償金額は、実際いくらくらいかかるのか、全く見当が付きません。
しかし数千万から億単位の賠償責任を負ってしまったら個人ではとても対応しきれません。
また、自動車事故では複数の人に被害を与えてしまうこともあると思いますので、無制限に設定しています。
保険料は節約したいですが、対人の保証だけはしっかりしたいです。
無制限
対人賠償は毎回必ず無制限です。
保険料を少しでも節約したいので毎年見直し、搭乗者傷害や車両保険など削れるところはしっかり削っていますが、対人賠償は自分ではなく相手方に対する保障ですので、自分の身を守るためにも、相手や相手の家族のためにも無制限以外は絶対に考えられません。
今後も見直しを満期のたびにしていくつもりですが、対人賠償だけはぜったいに無制限から変えようとは思いません。
自分の責任を自分のお金で解決できるような資産を持ち合わせてはいませんので、万が一の備えとして絶対に必要な部分だと思っています。
自動車保険は自分への保障より相手への保障を重視しています。
Copyright Car-Jpn. All Rights Reserved.