自動車保険比較ランキング

自動車保険 > 対人賠償の限度額は?


対人賠償保険の限度額は?


総投票数:129
無制限124 (96.1%)
その他5 (3.8%)





無制限 その他

ハンドル名:
コメント:



安い自動車保険比較ランキングはこちら



掲載コメント

無制限
事故を起こして一番怖いのが相手の方が怪我をしてしまった場合や死亡してしまった場合です。
特にまだ若い人を死亡させてしまったら、多額の賠償金を支払わなくてはなりません。
億単位なんて事もありえるわけです。
私にはそんなお金はありません。
かといって相手のご遺族にせめてもの気持ちで賠償金を支払いたいと思います。
その為に車を初めて購入した時からずっと対人賠償額は無制限にしています。
もし本当に大きな事故が起こってしまった時に、自分ひとりではどうする事も出来ないですし、家族にも迷惑をかけないようにする為です。
無制限
私自身車の運転には自信がなく実際うまくありません。
又他の人より事故を起こす確率が高いと考えています。
その為出来るだけ事故に遭遇した時に備えて十分な金額の保険加入が必要と常に考えていました。
最近テレビ・新聞で事故で多くの人を死傷させているニュースが出ています。
万が一事故を起こして他人様を死傷させた時に、十分な保険の補償がない事は車を運転する者として絶対に避けなくてはなりません。
私は自動車保険には詳しくないので、安心して車を運転する為に保険加入時に代理店営業マンに私の気持ちを伝え、保険内容を決めました。
無制限
自動車保険の対人賠償は無制限にしています。
1億程度で大丈夫と言う人もいますが、やはり対人に関しては無制限補償にした方が安心だと思います。
なぜなら事故で相手が死亡したり重い後遺障害が残ったりした場合の補償金額はとてつもなく高額になる事があります。
それに相手の年齢や家庭事情によっては逸失利益と言う「もしその人が生きていたら生み出すであろう利益」を元に補償額を計算すると聞くので、相手が若い人や家庭を支える人であれば当然補償額はかなりの額になると思われます。
少し高くても対人賠償額は無制限にしておく事をすすめたいです。
無制限
自動車保険に入る事で私が一番重要視しているのは対人補償です。
もちろん、事故は起こさないように日々安全運転を心掛けてはいます。
しかし、自分の運転だけでは防げない時もありますし、安全運転をしているつもりでも何が起きるか分かりません。
万が一何かがあった時に我が家の家計では絶対的に保証は出来ませんので無制限を選んでいます。
事故が起こった時にお金が全てではないとは思いますが、とりあえず金銭面では安心出来ると思います。
自分自身や車両保険などは自己責任だと思うので制限を付けたりと、そちらの方で金額の調整をしています。
無制限
私は保険に加入した時母の保険を引き継いだので特に他の選択肢を選ぶ理由が無かった。
自分の運転で相手を傷つけた時にどんな場合でも無制限であれば自分も相手も納得した補償が受ける事が出来ると思うので、母の選択を引き継いで良かったと思う。
無制限の場合それだけ保険料も高くなるが、もしもの事故の為には欠かせない補償である。
又、私の場合は免許を取ってから自分の車を持つまでにブランクがあり、運転する機会がなく運転技術もあまり上手でなかった。
この事も、私が対人賠償を母の選択した無制限のままにしている理由の一つとも言える。
無制限
確かに対人賠償の金額を何千万とかに設定すれば、保険料が安くなるのは確かですが、万が一、交通事故とかで相手に一生残るような傷を負わせたり、 相手の人生を変えてしまうような結果になってしまった際には、何千万の話で済まない事も多いと思います。
もちろん、お金の問題だけではないのですが、その保険料を少し安くしようとしたばかりに、自分自身の人生も台無しにしてしまうような結果になる可能性もありますので、 そう言う困難を少しでも回避出来るように対人だけではなく対物も無制限にするべきだと思います。
保険と言う物は、そう言う万が一の為のモノなので、最高の保証内容にしておくべきだと思います。
無制限
対人賠償は無制限を契約しています。
自動車事故は相手がいた場合は必ず相手への補償の問題がでてきます。
事故時の運転状況によって、お互いの補償割合が決まりますが、場合によっては想定した事もない金額を補償する事を求められる可能性があるのです。
特に相手がケガだけでなく、障害が残るような状況になるなどした場合の負担はかなりの金額です。
例え補償金を貯金等で支払う事が出来たとしても、自分だけでなく家族の生活にも影響がでてきます。
対人賠償を無制限で契約する事は、金額に制限を設けて契約するよりも保険料の面では負担です。
けれど万が一事故を起こし高額の補償を求められた場合を考えると、高くはない保険料だと考えています。
無制限
人身事故を起こした事はありませんが、この先、絶対に事故を起こさないと言う保証はないので、いつも更新時は無制限を選択します。
交通事故件数が大体、日本一になってしまう愛知県に住んでいます。
自分がどれだけ気をつけていても、起きる時は起きてしまうし、反対に事故に巻き込まれる事もあると思うからです。
それに万が一、人身事故を起こしてしまって、死亡事故になってしまった場合、自分は交通刑務所で、相手方の家族の生活を支える事は出来ないので、せめて生活に困らない金額の保険がおりればと思います。
死亡事故でなくとも後遺症のパターンも考えられますし、やはり対人であれば無制限が一番いいと考えます。
無制限
我が家では保険料の安いネット専用自動車保険に加入しています。
それで、「対人賠償」の保険内容は自動車事故で、歩行者や相手の車に乗っている人など、他人を死傷させてしまった場合の補償で、自賠責保険で足りない部分の保険金が支払われます。
賠償金額は、実際いくらくらいかかるのか、全く見当が付きません。
しかし数千万から億単位の賠償責任を負ってしまったら個人ではとても対応しきれません。
又、自動車事故では複数の人に被害を与えてしまう事もあると思いますので、無制限に設定しています。
保険料は節約したいですが、対人の保証だけはしっかりしたいです。
無制限
対人賠償は毎回必ず無制限です。
保険料を少しでも節約したいので毎年見直し、搭乗者傷害や車両保険など削れる所はしっかり削っていますが、対人賠償は自分ではなく相手方に対する保障ですので、自分の身を守る為にも、相手や相手の家族の為にも無制限以外は絶対に考えられません。
今後も見直しを満期のたびにしていくつもりですが、対人賠償だけはぜったいに無制限から変えようとは思いません。
自分の責任を自分のお金で解決出来るような資産を持ち合わせてはいませんので、万が一の備えとして絶対に必要な部分だと思っています。
自動車保険は自分への保障より相手への保障を重視しています。
無制限
自動車事故の場合、状況によっては死亡事故につながるケースも多いので、過失が多い少ないにかかわらず責任は負わなければならなくなります。
もしその際相手の方がお医者さんや弁護士さん社長さん等、高所得の方であれば補償額はかなりな額になると聞いています。
事故の相手を選ぶ事は出来ないので、補償額も制限をしない方が良いと考えています。
又、所得の多い少ないにかかわらず長期間の治療が必要になったり、後遺障害が残る場合もあり得ますので、障害の程度によっては車椅子生活になる事も考えると補償金額は想像出来ません。
個人が払える金額ではない事は明らかなので、対人賠償無制限に加入しています。
無制限
車はエンジンをかけた瞬間から凶器になると認識しています。
その為、もし事故を起こした場合、あるいは巻き込まれた場合に、相手に対する補償がきちんと出来ている事が当然だと言う考えで、対人賠償は必ず無制限にしています。
実際、自分は以前人身事故に遭いましたが、相手は無保険車両で自己破産しており、もし自分自身の保険が充実していなかったら治療費も確保出来なかった所です。
この事故はたまたま自分の車に突っ込んでくれたから良かったのですが、もし歩道に向かって突っ込んで歩行者を巻き添えにしていたら、事故に巻き込まれた歩行者は泣くに泣けない所だったと思います。
ですから、万全な補償の為の保険料が払えないのであれば、車はレンタカーかカーシェアリングにした方が良いと思うほど、対人補償には無制限しかいらないと思っています。
無制限
個人的に対人賠償が無制限でないと言う選択は考えられません。
もし自分の過失で相手の方が亡くなってしまった場合や、一生残る障害を与えてしまった場合、せめて必要なお金位は用意するのが当たり前だと思います。
相手方やその家族に、想像も出来ない負担を強いるのに、お金すら払えない可能性はゼロにしたいです。
又、自分自身や家族の今後の人生や生活を守る為にも、対人賠償は無制限にしておかないと心配で車の運転自体出来ません。
もちろん保険料はかかりますし、実際にお世話になる可能性は低いですが、車の運転を続ける間はずっと無制限にします。
無制限
対人賠償保険とは、読んで時の如し、自動車事故で相手に支払われる保険の事です。
通常、相手のいる自動車事故となると相手側が怪我をしているケースが多く、休業損害や精神的なケアについても配慮が必要となる為、賠償金額を無制限に設定している保険会社が非常に多いです。
特に通販系の保険会社は無制限のみの選択となる所が多く、大手の保険会社であっても、0に設定出来る所はありません。
恐らく営業担当からも無制限にしましょうと提案を受ける事と思います。
そして、怪我をした相手側が通院する事を加害者側から止める事は、なかなか困難でありデリケートな部分となります。
しかしながら、対人賠償保険を5000万円から無制限に引き上げても契約者が支払う保険料は数百円しか上がらないケースが多く万一の時の為に備え、対人賠償保険は無制限に設定しておく事をお勧めします。
無制限
対人賠償は無制限以外は一度も入った事がありません。
いつ、どんな時にどんな事故に合うか分からない中で、人の補償に金額をつける事は出来ないと思っております。
最近、老人の方と学生の方がとても危ないと言う印象があります。
老人の方は、横断歩道ではない所を、ゆっくり歩いて渡ったり、自転車をおして渡ったりと言う光景を見かけます。
車が止まってくれるのだろうと言う過信からなのでしょうか。
横断歩道に行くのは体的にしんどいからなのでしょうか。
しかし、実際私の知っている方で、ご老人をひいてしまい結果的になくなってしまった事故がありました。
そう言う悲しい結果の後、やはり賠償額は、将来生きたであろう金額を算出したと聞きました。
そんな話を聞いたら、ますます無制限以外は考えられません。
無制限
車を運転すると言うのは、いくら気を付けていても事故を起こす可能性があります。
だれも事故を起こしたい人などいません。
対人賠償を無制限の契約にしている理由は、万が一、人身事故を起こしてしまった場合、その被害者が一人では無く、複数である可能性があります。
そうすると上限設定のある契約だと、保険で賠償金を支払う事が出来ず、被害者に対して満足な賠償をする事が出来ません。
お金だけが償いではないかもしれませんが、自動車保険の対人賠償を無制限の契約にする事は、運転者として最低限のマナーであり、事前に出来るリスク管理の一つだと考えています。
無制限
自動車保険の利用暦は30年以上になります。
最初に加入した時の補償額は、あまりにも古い事なので覚えていませんが、1億円位だったかもしれません。
何せ10代での保険加入ですから保険料が高く、万一の補償額が高いに越した事は有りませんが、自分のお給料での支払いに支障のない金額に抑えていた覚えがあります。
毎年少しずつ保険料も下がり、対人補償を無制限に上げても、年間支払い量が最初の契約に比べて安くなった頃に、契約内容の変更を行った記憶があります。
他の補償内容の変更ももちろん可能ですが、30年以上の自動車保険の加入で利用はたった一度だけですので、補償内容をこれ以上変えても利用する事は無さそうだと思い始め、補償内容の変更はもう20年くらい変えていないと思います。
自動車保険比較ランキング
Copyright Car-Jpn. All Rights Reserved.